スペシャルティコーヒーの魅力!スペシャルティーコーヒーが流行る理由を探る!

希少豆

スペシャルティコーヒーとは

 

 美味しいコーヒーの証とも言えるスペシャルティーコーヒー。聞きなれない言葉ですが、どのような意味合いがあるのでしょう。スペシャリティコーヒーとは、はっきりとした定義はありませんが、生産段階から品質管理をしっかりし、飲んだ時にとても美味しいと認められたコーヒーのことを言います。

言い方を変えれば、高品質なコーヒーと言えるでしょう。消費者の立場からすれば、高品質で美味しいコーヒーを選ぶ際の基準になるとも言えます。

しかし、この基準によると、生産段階から品質管理をしっかり行っているということが、美味しいコーヒーかどうかはわかりません。豆の鮮度や焙煎、さらには飲み方などによって違いが出てきてしまうのは当然のことであり、美味しいコーヒーが鮮度が良いとも限らないのです。そこで、カップ1杯がどれだけ消費者に美味しいと感じてもらえるかも基準になってきます。スペシャルティーコーヒーだと認定されることで、消費者が美味しいと感じることができるコーヒーを提供してくれる店となります。

スペシャルティーコーヒーが流行る理由には、間違いなく美味しいという保証があることでしょう。そして生産者の顔がわかる、手間暇を感じることができる、さらには淹れ方を工夫することでさらなる美味しさを追求することができるのが魅力と言えます。

スペシャルティーコーヒーを飲む際には以下のことに気をつけるとより美味しくいただくことができます。

 

 

・コーヒー 豆 焙 煎

 

スペシャルティーコーヒーに認定されるには様々な条件があり、カップ・出来の良さ・甘さ・酸味・口に含んだ時の風味や後味などを吟味し、認定されれば提供することができます。その中でも豆に注目してください。程よく焙煎された豆は、飲んだ時に素晴らしい風味をもたらしてくれます。また、良質な豆を生産している国の多くは貧しい国も多く、スペシャルティーコーヒーを選ぶことで、社会貢献もできるのです。

 

・コーヒー ロースター

 

自分で購入したコーヒー ロースターを使用すれば、挽き立ての美味しさを手軽に楽しむことができます。

 

・マシン

 

フレンチプレス、ドリッパー、金属フィルター、エアロプレス、エスプレッソマシンなど様々な抽出方法を使用できるのも魅力の一つです。自分の好みに合わせてマシンを選ぶことができます。スペシャリティーコーヒーを味わうにはエスプレッソマシンで抽出したエスプレッソがオススメです。

espresso-machine-690498_640

 

世界でもスペシャルティコーヒーは流行しており、特に北欧ではすでに当たり前になってきています。北欧ではバリスタの世界チャンピオンが多く誕生しており、コーヒーの先進国になっています。

 

barista

北欧では、焙煎とローストにこだわりを持ったバリスタたちが毎日競い合い、消費者である私たちに美味しいコーヒーを提供してくれているのです。日本でも、スペシャリティーコーヒーを提供しているお店は多く存在していますし、豆の販売を行っているところもあります。

地域のローカルな店でも提供されていることもありますからチェックしてみましょう。

また、スペシャルティーコーヒーは自宅で楽しむこともできます。定義は特にありませんが、丁寧に時間をかけて淹れた一杯であれば、マズいはずありませんよね。

 

淹れ方

 

マシンを使用してもいいですし、ドリッパーを使用しても美味しくいただくことができます。ここで大切なのは、自分にとって素晴らしいというものを選ぶこと。例えばカップ一つにまでこだわってみたり、雰囲気の良い場所で飲んでみたり、焼き菓子などと一緒に飲んでみたりと工夫次第で最高の一杯を淹れることができるのです。難しく考えずに、スペシャルなコーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

コーヒーの淹れ方4種とそのポイント!それぞれの味わいの違いをご紹介 | 東京カフェの最新情報 TEAM CAFE TOKYO
丁寧に淹れたコーヒーはとても味わい深いものです。でもコーヒーにも色々な種類や、淹れ方によって味わいが異なるのをご...

 

この投稿は役に立ちましたか?YESNO0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

 

 

 

関連記事!(一部広告含む)

 

一覧へ戻る

YouTube TV

Twitter