リラックス効果だけじゃない!コーヒーの凄さ!コーヒーに含まれる嬉しい効能について!

コーヒー効能

【コーヒーの効能】

 

コーヒーはアフリカ大陸で発見されて以来、多くの人々によって愛飲されるようになり、世界中にコーヒーを楽しむ文化と栽培方式が広がり、今や世界で最も飲まれている飲料の一つとなっています。

コーヒーは昔から「眠気覚ましの薬」等の医療目的で飲まれていた歴史もあり、今では様々な効能がコーヒーにある事がわかってきております。また、忙しい渦中にコーヒーを飲む事で「ホッ」と一息を入れる事で仕事の効率も戻り、作業に集中出来るようになる事から現代社会ではオフィス等でも飲まれるようになりました。

コーヒーが大好きだけど、体に悪くない?とかどんな効果効能があるの?と疑問に思われる方も多いとおもいます。

今回はこのコーヒーに豊富にある効能についてメリット・デメリットをご紹介していきます。

コーヒー 効果

【カフェイン】

コーヒーと言えばカフェインです。コーヒーに含まれているカフェインは覚醒作用や利尿作用があり、眠気覚ましとしても尿を出してのむくみ改善にも効果があります。

また、血管を拡張する働きがありますので基礎代謝を上げる効果が期待できます。人間の体は基礎代謝が落ちていると体はエネルギーを消費する力が落ちてしまいますので、ダイエットをしても中々効果が出ず、太りやすくなるのです。

そのため、歳を取るにつれて太りやすくなる、というのは年齢のせいでこの基礎代謝が落ちていることが原因であり、コーヒーのカフェインで基礎代謝が上がればダイエットの時に消費エネルギーが上げる事ができます。

同時に利尿作用で体内の脂質や老廃物も排出されやすくなって美容にも効果がありますので、コーヒーはダイエットのお供にもピッタリです。ただし、カフェインも取りすぎれば毒であり、利尿作用が進みすぎて脱水症状が進んだり、不眠症の原因にもなります。

また、妊娠中の女性は赤ちゃんへの悪影響もありますので、カフェインも取り過ぎないようにしましょう。

【クロロゲン酸】

コーヒーの優秀なもう一つの成分がこのクロロゲン酸です。クロロゲン酸はポリフェノールの一種であり、カフェインよりも豊富に含まれています。また、コーヒーのあの褐色な色合いや苦味、匂いの元ともなっている成分ですが、こちらも体に良い効果があります。

クロロゲン酸の効能は胃の消化を助ける働きがあり、胃酸の分泌を促進させる働きがあります。そもそも胃の消化能力が落ちると、肥満や肌荒れやニキビの原因となり、腸にも有害物質がたまりやすくなって便の状態も悪くなりやすくなります。そのため、食後のコーヒーで胃の消化活動を助ける事で、肥満予防と美容を保つ事ができるのです。

また、食前に飲むと脂質を分解する効果が期待できるクロロゲン酸ですが、人によっては胃酸が増えて胃が荒れる原因になりますのでご注意ください。

コーヒー 効能   

【そもそもポリフェノールって?】

ポリフェノールは植物が作り出す抗酸化物質の事であり、ブルーベリーのアントシアニンや緑茶のカテキンもこのポリフェノールの一種です。コーヒーにはクロロゲン酸というポリフェノールが多く含まれているので、上記で触れた胃腸の働きを助けるだけでなく、抗酸化作用や肥満対策にもなるとされています。

また、抗酸化作用は体内の活性酸素と呼ばれる老化の原因になる毒素を追い出す働きがあるため、アンチエイジングにも効果があります。

【タンニン】

お茶に含まれるタンニンですが、コーヒーにも含まれております。このタンニンは渋みの成分としての効果も強く、コーヒーの苦味と渋みはこのタンニンによるものでもあるのです。

タンニンにも抗酸化作用があり、体内にある活性酸素を除去して老化を防いでくれますし、口臭や体臭の原因である悪臭成分と結びつき、消臭効果があるため体臭や口臭が気になる方にもありがたい成分となっています。

また、「アセトアルデヒド」という二日酔いの原因である物質とも結びつく事で体外へ排出されやすくなり、二日酔いの回復にも効果があるとされています。ただし、タンニンの注意点として鉄分とも結びつきやすいため、貧血気味の方がコーヒーを何杯も飲んだりすると貧血が酷くなる恐れがありますので注意しましょう。

【リラックス効果】

コーヒーの香りはとても良い香りであるため、匂いを嗅ぐだけでもリラックスできる効果が期待できます。人の脳は良い香りを嗅ぐとそれだけで幸福感を感じ、気持ちが落ち着くため、忙しい合間でもコーヒーの香りを嗅ぐ事で気持ちが落ち着いた、という経験をした方も多いかもしれません。

まさにコーヒーは匂いを嗅ぐだけでも人に癒しの効果を与える事ができるのです。

すぐ出来るダイエット効率UP方法!ダイエット女子必見のコーヒー習慣!
夏本番!薄着になったり水着をきる場面も多くなるのではないでしょうか?夏に向けてダイエットを頑張ってきた女子も多い...

【まとめ:コーヒーのデメリットもちゃんと知れば怖くない】

このようにコーヒーには様々な良い効能がある事が分かりましたが、同時にデメリットもいくつか存在していますのでまとめてみましょう。

・カフェインの取りすぎ…不眠症や精神不安定になる。特に寝る前はカフェインの興奮作用で睡眠の質も悪くなってしまいますので飲みすぎはいけない。

・貧血…タンニンが鉄分と結びついて吸収されにくくなる。

・ステインの発生…コーヒーは飲んでしばらくすると、歯に「ステイン」と呼ばれる歯の着色汚れが発生し、歯が黄色くなったり口臭の原因になります。

・胃が荒れる…クロロゲン酸による作用で胃酸が増えると、胃が荒れる原因になる事もあります。

これらのデメリットは確かに注意ですが、よく見ればコーヒーを飲みすぎたりしない事、そもそもコーヒーが体質的に合わない人、歯磨きや最低でも口を水でゆすいでいれば上記のデメリットはあまり気になりません。コーヒーの効能は昔から効果があると認められており、程よく飲めば健康にも精神的も良い影響を与えてくれるのです。

コーヒーの淹れ方4種とそのポイント!それぞれの味わいの違いとは?こちらの記事もオススメです。

コーヒー 効果

一覧へ戻る

YouTube TV

Twitter