今すぐ出来るダイエット効率UP方法!コーヒーを飲む事がお勧めの理由!

珈琲ダイエット

コーヒーとダイエット

 

夏本番!薄着になったり水着をきる場面も多くなるのではないでしょうか?

 

夏に向けてダイエットを頑張ってきた女子も多いはず。今回は夏本番ダイエッター必見のダイエット効率を高めてくれるコーヒーダイエットのお話です。

 

 

 

【ダイエットにコーヒーで効率アップと美容をキープ!】

 

よくダイエットサポートサプリメントや脂肪燃焼効果のある食べ物を食べる等のダイエット方法があります。そのダイエット方法の中にはコーヒーをダイエットのサポートに組み込む「コーヒーダイエット」という方法もあります。

 

コーヒーはご存知の通り「カフェイン」が含まれており、主に集中力を高める効果や眠気予防の効果がある一方で、血管拡張作用による基礎代謝のアップも期待できるのがカフェインの主な効能です。そして、カフェインには脂肪を分解する効果もあり、ダイエットにコーヒーを組み込む事で脂肪燃焼をより活発するする狙いがあります。

 

また、あまり知られていませんがコーヒーにはカフェインと同じくダイエット効果がある「クロロゲン酸」という成分が含まれており、こちらも脂肪を分解、さらに食後の血糖値を押さえる働きがあります。

 

今回はダイエットにコーヒーを組み込む事で得られる・期待できる効果と注意点について紹介していきます。

 

【注意】

こちらで紹介するコーヒーダイエットは前提として、コーヒーを飲むとお腹を下してしまう、胃腸が荒れてしまう人、(タンニンが鉄分の吸収を妨害するため)貧血気味の人、さらに妊娠中の方は赤ちゃんに悪影響が及ぶ可能性があるのでオススメ出来ません。

 

【ダイエット中のコーヒーはいつ飲めば良い?】

ストレートコーヒー

まず気になるのがコーヒーをダイエット前に飲むべきか?ダイエットのために運動をした後で飲むべきか迷うかもしれません。

 

基本的にはカフェインの効能を得てからダイエットをするべきであるため、運動をする30分前から飲むのが理想です。ただし、空きっ腹の状態で飲んだりすると、コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」によって胃酸が増えてしまい、人によっては胃が荒れる原因になります。

 

胃が弱い人は朝食、昼食後に飲みましょう。もちろんですが、砂糖やミルクをタップリ入れたりすると意味がありませんので、できればブラックで飲む、かつ体温を下げないようにホットで飲む事が理想的です。

 

【コーヒーは食前に飲むべきか?】

 

コーヒーは食前と食後で得られるメリットとデメリットが変わります。食前であればある程度の満腹感を得る事ができるため、食事量を少なくする事ができます。

 

また、上記でも触れた「クロロゲン酸」が料理の脂質と体の脂質を分解してくれるため、ダイエット効果もしっかりと得られるのです。

 

そのため、ダイエット目的であれば食前がオススメなのですが、同じく上記でも触れたように「クロロゲン酸」が胃酸を増やす働きがあるので、胃が荒れやすい人、弱っている人は食前に飲むのは避けましょう。

 

【コーヒーは食後に飲むべきか?】

 

食後で飲むメリットですが、基本的にコーヒーは食後に飲むイメージが強いのでこちらが正しいのでは?と思うかもしれません。確かにコーヒーを食後に飲む事で「クロロゲン酸」が胃の消化を助ける働きがあり、食前だと胃が荒れてしまう方は食後に飲む事をオススメします。

 

その理由として、肥満の原因とされているのは胃の消化不良も理由の一つであるため、胃の消化がスムーズに行く事で栄養の吸収もはかどり、肥満予防になるのです。

 

また、消化不良は美容の大敵である肌荒れやニキビの原因ともなるので、食後のコーヒーはダイエット中に失われやすい美容を意識する女性にとっても救世主となるでしょう。

 

ただし、注意点としてコーヒーに含まれる「タンニン」が鉄分の吸収を妨害するため、貧血気味の人は食後のコーヒーを控えたほうが良いでしょう。

 

また、コーヒーに含まれる「シュウ酸」はカルシウムと結びつきやすく、「カフェイン」の利尿作用があるせいでカルシウムが逃げやすくなります。できれば、食べた物の栄養吸収のために食後30分以上空けてからコーヒーを飲むのがオススメです。

 

【ブラックコーヒーが苦手な人へ】

 

ダイエット中なのでコーヒーに砂糖を入れにくい、と言う方は多いと思います。しかし、コーヒーの苦味が好きになれず、無理してブラックコーヒーで飲んでいないでしょうか。

 

そのような時は牛乳を入れるのがオススメであり、苦味が弱まってかなり飲みやすくなります。また、カルシウムも同時に摂取できるため、コーヒーの「カフェイン」によるイライラや「シュウ酸」によって逃げていくカルシウムを補填する事ができます。

 

ただし、こちらの方法も牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしてしまう人にはあまりオススメする事はできません。

 

【ダイエット用コーヒーの淹れ方】

 

ダイエット目的でコーヒーを飲むのであればインスタントコーヒーよりもドリップ式のほうがオススメです。

 

その理由としてコーヒーに含まれているクロロゲン酸がドリップ式のほうが多く含まれているからです。とはいえ、ドリップ式は淹れるまで時間がかかりますし、一杯あたりのコストもインスタントコーヒーより高くなりやすいです。

 

さらにインタントコーヒーでもクロロゲン酸は含まれているので決して無理のないほうを選んでください。

 

次にコーヒーの淹れ方ですが、熱々のお湯を入れてしまうとクロロゲン酸が消滅してしまいますので、できれば少し冷ました70~80度のお湯で淹れる事をオススメします。

 

また筋トレの際もコーヒーに含まれるカフェインが筋トレ効果を増幅させてくれるのでこちらの記事もおすすめ→飲まなきゃ損!筋トレ前に珈琲を飲む3つの理由!

 

【まとめ】

 

ダイエットにコーヒーを組み入れる事でダイエットの効率を上げることができます。ただし、飲みすぎたりするとカフェインやクロロゲン酸等の過剰摂取で不調をきたす可能性がありますので、ほどほどの量にしておきましょう。過ぎたるは及ばざるが如しです。

この投稿は役に立ちましたか?YESNO0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

 

 

 

関連記事!(一部広告含む)

 

一覧へ戻る

YouTube TV

Twitter