飲まなきゃ損!筋トレ前に珈琲を飲む3つの理由!

筋トレと珈琲関係

珈琲に含まれるカフェインと筋トレの関係

 

珈琲には様々な効果・効能があり、体にも良いとされています。

 

そんな珈琲は筋トレにも効果を発揮することをご存知でしょうか?

 

珈琲の効果効能についてまとめた記事はこちら→コーヒーの効果・効能まとめ!リラックス効果だけじゃないコーヒーの凄さ!

 

 

珈琲を飲むべき3つの理由

 

集中力を高める

 

同じ筋肉を鍛えるでもしっかりと意識して鍛えるのと鍛えないのでは効果が違ってきます。

筋トレ中に意識が散漫し筋トレの効果が薄れない様にしっかりと集中力を高めることが大切です。

そんな時に効果を発揮するのが珈琲に含まれるカフェインです。脳を覚醒させ集中力を高める事が期待できます。

 

脂肪燃焼を助ける

 

人が活動する際は、筋肉に多く蓄えられているグリコーゲンをぶどう糖に分解しエネルギー源として使用されるのですが、筋トレ前にカフェインを摂取することでグリコーゲンの代わりに脂肪が使われやすくなり脂肪燃焼効果を高めてくれます。

 

強心作用で運動能力アップ

 

カフェインが中枢神経を刺激することにより心臓の働きを活発にし、心肺機能が向上すると身体をより効率よく動かし酸欠しにくくなり、疲労を和らげてくれる効果もあります。

 

いつ飲むの?

 

摂取後30分頃から吸収がはじまるので、運動をする30分前から飲むとカフェインの吸収とともにメリットを得やすくなります。

 

飲み過ぎに注意!

 

筋トレにも効果的なカフェインですがやはり取りすぎはよくありません。

 

カフェインには利尿作用もあり運動中の脱水症状を引き起こす恐れがありますので水分補給にも十分注意しましょう。

 

中枢神経系の刺激による心拍数の増加、 興奮作用、過剰摂取による動悸やめまいなど引き起こす恐れもあります。

 

1日のカフェインの摂取量はアメリカ食品医薬品局(FDA)のガイドラインによると、1日に「約400mg」コーヒー1杯(150ml/ドリップ式)には約100mgのカフェインが含まれると言われますから、コーヒカップ4杯程度であれば、健康な成人であれば安全上の問題は少ないとされています。

 

ダイエットに効果的な珈琲に含まれるクロロゲン酸の効果についてもこちらのページで詳しく解説しております。

 

合わせて読みたい

今すぐ出来るダイエット効率UP方法!コーヒーを飲む事がお勧めの理由!

 

この投稿は役に立ちましたか?YESNO0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

 

 

 

一覧へ戻る

YouTube TV

Twitter