コーヒーは眠れないって嘘!?昼寝前にコーヒーを摂取するのがおすすめの訳!

コーヒー効果,効能

コーヒーを好んで飲んでいるという人は非常に多いですが、コーヒーにはカフェインが含まれているということから飲用すると眠気を覚ませることで有名です。

体質によってはカフェインの効果が半日以上持続するという人もいて、コーヒーは今や常に寝不足に陥りがちな現代の日本人には欠かせない飲み物になっています。

そして眠気は起床後でも食後でも就寝前などどの時間帯でも感じる可能性があり、日中の眠気を覚ますためにはたとえコーヒーが好きでなくてもあえて何度も意識して飲んでいる人は多いですよね。

逆に夜間など長時間寝る前にはカフェインの摂取が入眠障害の原因になったりして良質の睡眠を妨げるおそれもあることから、夜間はあえてコーヒーを飲むことを控える人は多くいます。

しかし同じ寝る前でも、日中の昼寝の前であればコーヒーを飲むことがかえって好ましいということも言われるようになっています。

カフェイン

日中昼寝をする場合、夜間帯のように長時間ずっと寝ているということは少なく、その後はすぐに仕事や学業などをしたりして再び脳や体を働かせて活動をする必要があります。

昼寝の仕方や時間数によっては眠気が残ってしまったり頭がぼーっとして体調が悪くなることもあり、その後の活動に悪影響を及ぼす場合もあります。

しかし昼寝前にコーヒーを意識して摂取することで、昼寝後はすっきり起きられる可能性が高くなると言われています。

これは昼寝自体がだいたい長くても1時間くらいしているという人がほとんどであり、それに対しカフェインの効果は飲用して約30分くらいで効果を発揮するので、昼寝の直前にコーヒーを摂取しておくと目覚める頃にはカフェインが効果を発揮し始めているのですっきりと起床できる可能性が高いからです。

目覚めがすっきりとしている状態になるので、昼寝の後の活動に備えることが可能になります。

その他珈琲には様々な体に嬉しいメリットがありますので→知れば納得!コーヒーの凄さ!コーヒーに含まれる嬉しい効能について!コーヒーの効能の詳しい記事はこちらもオススメです。

 
一覧へ戻る

YouTube TV

Twitter