タイの女優が若い理由「バタフライピー」美容効果抜群の紅茶の正体とは!お勧めの飲み方も公開!

 

バタフライピーの効果効能

 

美容・健康・アンチエイジング!みなさんどんな事に気を遣われていますか?

 

忙しくてなかなかそんな暇ないって方も多いのではないでしょうか。そんな方の為に、ちょっとの時間でも手軽に楽しめ美容健康効果も期待出来ちゃう、女子必見の紅茶「バタフライピー」をご紹介します。

 

見た目の鮮やかさからInstagram・twitterなどでも大人気です。

 

 

青い紅茶「バタフライピー」とは?

 

紅茶と言えば一般的に赤茶色の色をしているというイメージが一般的ですが、青い色をした紅茶があるのはご存知でしたでしょうか。

 

その名前が「バタフタイピー」というタイが原産国のハーブであり、主に熱帯気候地域で栽培されております。「バタフタイピー」はタイ語で「アンチャン」と呼ばれており、和名では「蝶豆」と呼ばれております。

 

タイでは古くから幅広い用途に使われており、この「バタフタイピー」の花の部位を飲み物から料理に使用したり、さらに着色料として布を染める天然の染料やお菓子の着色料として使われています。

 

また、昔から白髪予防、抜け毛予防としてシャンプーにも使用されているなど、タイでは様々な物に必須とされている植物でもあるのです。

 

日本でも見ることは出来ますが、「バタフライピー」自体は熱帯に生息する植物であるため、四季のある日本では夏場か温室でなければ見ることができません。

 

バタフライピーの特徴と飲み方

 

 

chihiroさん(@viola_217)が投稿した写真

「バタフライピー」の特徴は青い色をしている事がまず挙げられます。

 

青色なので「もしかして着色料でも使用している?」と思えますが、実際は花の天然成分で青い色をしているため、人工着色料は一切使われていないのです。

 

しかし、「バタフライピー」の特徴はある事をすると青色から紫色に変わると言う不思議な現象が起きます。それはレモン、マナオ(ライム)といった果汁を加える事であり、レモン汁等を適量「バタフライピー」に入れる事で紫色に変化します。

 

そのため、初めて「バタフライピー」の紅茶を飲む人が青色の紅茶である事に十分なインパクトを受けている所へ、レモン汁を加えて紫色に変わっていく光景を見せれば2重の意味で初めて飲む人を驚かせる事ができるでしょう。

 

もちろん、青色のままで楽しむのも良いですし、紫色に変えて楽しむ事ができる2つの色彩を楽しむ事ができる「バタフライピー」はとてもユニークな紅茶と言えるでしょう。

 

どうして青から紫に変わるのか?

 

青色の「バタフライピー」になぜレモン・マナオの酸性の果汁を加えると紫色になるのか不思議に思われる方もいるかもしれません。

 

これは「バタフライピー」のある成分とレモン・ライムの成分である「クエン酸」が化学反応を起こしたからです。そのある成分と言うのが、ブルーベリーやカシス等に多く含まれるあの「アントシアニン色素」です。

 

「バタフライピー」に多く含まれる「アントシアニン色素」にレモン汁に含まれる「クエン酸」が加わる事で化学反応が起き、青い色が紫色に変化するという仕組みになっているのです。

 

お勧めのバタフライピーの飲み方

 

「バタフライピー」は基本的にホットでもアイスでも楽しむ事ができます。しかし、何もいれずにストレートだと青臭さが気になる方も多いので、一般的には砂糖やシロップにレモン・マナオの果汁を加えて飲むのがオススメとされています。

 

また、アイスで飲む時も砂糖にシロップ、レモン・マナオの汁を加えて飲むのが一般的な飲み方ですが、ミルクやハチミツを入れた飲み方も飲みやすくてオススメです。

 

どちらかと言えば「バタフライピー」はその青色や変化した紫色の色彩を楽しむ紅茶であるため、味を重視する方には少し不向きな所があります。

 

しかし、味を重視する方でも「バタフライピー」に含まれる美容成分について知れば、毎日でも飲みたくなる事は間違いないでしょう。

 

バタフライピーの効能とは?それは美容成分と健康成分が豊富な事!

 

「バタフライピー」は青色と紫色を楽しむだけの紅茶ではなく、実は美容成分も多く配合されているのはご存知でしたでしょうか。

 

「バタフライピー」の原産国であるタイは美女の多い国としても有名であり、まさにアジアンビューティーという言葉が似合います。

 

そのタイ女性が美しいとされる美の秘訣が「バタフライピー」なのです。タイの女性たちは美容成分豊富な「バタフライピー」を若い頃から愛飲しており、女優やアイドル、モデルといった職業まで美女揃いとなるのです。

 

「バタフライピー」の効果 その1「アンチエイジアリング」

 

タイの女優を見ていると40代でもまるで20代のように若々しい見た目の方が多く、その美の秘訣がとても気になる所だと思います。その美しさの理由が「バタフライピー」によるアンチエイジアリング(老化防止)効果です。

 

「バタフライピー」にはアントシアニンが豊富に含まれており、このアントシアニン色素が「バタフライピー」を青く見せているのですが、同時に強い「抗酸化物質」もあるのです。

 

ご存知の通り、人間は酸素無しでは生きられない生き物ですが、この身体に取り込まれた酸素が「活性酸素」と呼ばれる毒素に変化していき、この活性酸素が体と肌の老化現象を引き起こしているとされています。

 

この美容の大敵である活性酸素を減らしてくれるのが抗酸化物質であり、「バタフライピー」のアントシアニン成分にはその抗酸化物質が多く含まれているので、体とお肌のアンチエイジアリングになるのです。

 

タイの女優が40代でありながら20代のような肌を保ち続けている秘訣が、この「バタフライピー」によるアントシアニンの抗酸化物質によるものだと思うと、今すぐにでも飲みたくなってきませんか?

 

「バタフライピー」の効果 その2「目の健康」

 

「バタフライピー」に含まれるアントシアニンには健康面でも効果があります。それは「眼精疲労」にも効果があり、さらに白内障や緑内障といった目の病気や近視予防にもなりますので、美容と目の健康にも良いダブル効果があるのです。

 

特にオフィスワークでパソコン画面を1日中見ていることが多い女性の方は目が疲れやすいため、この「バタフライピー」を飲みながら目を休める事で、しっかりと目の健康も養う事ができるのです。

 

また、バスやタクシー、トラックの運転をする方も目を酷使しているため、ご家族で乗り物を長時間運転するお仕事をされている方へも「バタフライピー」はオススメです。

 

また、鎮静効果もありますので、休憩でホッと一息入れてリフレッシュするのにも「バタフライピー」は適任なのです。

 

「バタフライピー」の効果 その3「髪の毛の美容と健康」

 

「バタフライピー」は紅茶として飲むだけでなく、タイではシャンプーやコンディショナーといったスキンケア商品にも使われています。しかし、それよりもさらに昔から「バタフライピー」は白髪染めにも使われており、髪の毛の美容と健康を保つ成分がある事が古来より知られていたのです。

 

そのため、「バタフライピー」を飲むだけで髪の毛の健康と美容成分を得る事ができるため、女性にも男性にも嬉しい効果があると言えます。また、「バタフライピー」を使用したシャンプーやコンディショナーを使うことでも、ハリとツヤのある髪の毛になるだけでなく、白髪・抜け毛予防にもなるのです。

 

「バタフライピー」の効果 その4「身体の健康」

 

「バタフライピー」は美容だけでなく、身体の内側にも良い効果をもたらします。アントシアニンによる抗酸化作用だけでなく、コレステロールを減らす効果もあるため、内臓脂肪が増えるメタボリック防止にも一役買います。

 

また、コレステロールが減る事で動脈硬化のリスクと高血圧になるリスクも押さえてくれるため、食生活が気になる方にもこの「バタフライピー」はオススメです。

 

まとめ

 

紅茶としては珍しい青い色が特徴的な「バタフライピー」ですが、レモン・マナオの汁を加えると紫色に変化するため、色彩の変化を楽しむ事ができます。

 

また、美容と健康成分も多く含まれているので、美容を目指す女性にとっても健康面が気になる人にとっても「バタフライピー」は嬉しい成分が含まれているのです。

この投稿は役に立ちましたか?YESNO0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

 

 

 

一覧へ戻る

YouTube TV

Twitter