コーヒー豆の基本的な選び方!

コーヒー豆

コーヒー豆の選び方

 

お家でもちょっと美味しいコーヒーが飲めたらいいなって思ったことありませんか?

ゴミが出ないインスタントコーヒーは手軽で便利ですが、美味しいコーヒーを楽しみたい人にはやはりレギュラー コーヒーがおすすめです。

 

豆から淹れるコーヒーは、匂い立つような香りも深い味わいも格別です。

 

最近は一杯ずつドリップできるようにドリップパックしてあるコーヒーギフトもたくさん出ていて、豆の種類も豊富にあります。コーヒーギフトの選び方には送る方の好みを考えて選ばなければなりません。

 

豆から淹れるコーヒーはゴミが出たり、豆を挽く手間が大変だったのですが、その分上質なコーヒーを味わえたり、ドリップパックならばお湯を注いでコーヒーを淹れた後はそのままぽんと捨てられるので、とても便利です。

 

選ぶポイント

 

本物のコーヒー好きならば、やはり豆にもこだわって選びたいものです。

コーヒー豆の選び方は、自分がコーヒーのどの風味を重視するかで変わってきます。コーヒーは豆の種類によっても味が変わりますが、焙煎の仕方によっても変わります。

 

焙煎とは豆のいり方の事で、簡単に言うとコーヒー豆に火を通して焦がすようなイメージです。

 

苦味が強く、コクの深い味わいのコーヒー方が好きな人は、深く焙煎してある深煎りの豆がおすすめですし、酸味が強くあっさりとしたコーヒーが好きな人は浅く焙煎してある浅煎りの豆の方がおすすめです。

 

コーヒー豆も鮮度が大切なので、焙煎してから時間がたつと味が落ちて行きますが、浅煎りの豆は深煎りの豆に比べて日持ちがしません。浅煎りの豆が好きな人は、たくさん買い込むのではなく、こまめに少しずつ買う方がおすすめです。

 

 

コーヒー豆の種類は驚くほどたくさんあり、それぞれに特徴があります。産地や種類によっては希少価値があり非常に値段の高い豆もあります。

 

例えば、高級品種のブルーマウンテンはコクが深く人気の品種ですが、もともと収穫量も少ないのに気候変動により収穫が近年激減したため、価格が倍近くになった事があります。また最近ではインドネシア系の豆も酸味やキレがあり個性的で人気が出ています。

 

良いコーヒー豆で淹れたコーヒーは泡がふんわりとたって、まろやかな味わいになります。

コーヒーの入れ方によっても味わいが変化しますので覚えておくとより美味しいコーヒーを楽しむ事ができます。

 

いろいろな種類、いろいろな焙煎や淹れ方を試して、自分にあった豆を自分にあった淹れ方で飲めるようになるとますます美味しく味わう事ができます。

この投稿は役に立ちましたか?YESNO0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

 

 

 

一覧へ戻る

YouTube TV

Twitter