自家焙煎!自宅で本格コーヒーを楽しみたい方必見!自分で作るオリジナル珈琲!

焙煎

コーヒーにおける楽しみ方は様々ですが、人によっては自分でコーヒーを焙煎して淹れたくなってくる事でしょう。今回は自宅で本格的なコーヒーを楽しむための方法についてご紹介していきますので、自宅でコーヒーを自分で淹れてしてみたい方は是非実践してみてください。

 

【自宅で本格コーヒーは楽しむには?】

 

本格的なコーヒーを楽しみたい、コーヒーを楽しむうちに自分で焙煎して淹れてみたいと思う方はもちろん。

しかし、実際には外に出て本格的なコーヒーが楽しめる店を探したり、カフェ探しをする時間がなかなか取れなかったり、毎回通おうにも経済的に厳しくなってきたりして、やはり常連のように通い続けるのが難しい、通うのが面倒になってくる方もいるでしょう。

また、最近では自宅でも本格的なコーヒーを楽しめるドリップマシンなども出てきており、コーヒーの世界における進歩を感じられるようになりました。

そして、こだわりたい人は「コーヒーを自分で…」と考えて自分で焙煎前のコーヒー豆を自分で焙煎、そしてコーヒーを淹れる方も出てきており、本格的なコーヒーを自宅で作り出してくる方も増えてきました。実際にコーヒー豆を焙煎する前の状態である「生豆状態」のコーヒー豆は通販などで購入できるようになっており、自宅で焙煎するのはもはや難しいことではなくなってきているのです。

【まずは生豆と手網焙煎器を購入するコストを考える】

 

自宅でコーヒー焙煎を始めてみたい方が最初にやるべき事が焙煎前のコーヒー、つまり生豆状態のコーヒーを買わなければなりません。とはいえ、コーヒーの生豆は専門店、または通販サイトでもない限り一般的なスーパーではおそらく販売されていないでしょう。同時にコーヒーを焙煎するために必要な手網焙煎器も必須であり、こちらも専用の手網焙煎器でなければきちんとコーヒー豆を焙煎できないかもしれませんので、自宅で本格的な焙煎からしたい場合はまず生豆と手網焙煎器を購入しましょう。

~コーヒーの生豆を購入する方法~

コーヒー豆

コーヒーの生豆を購入する先としてはインターネットの通販サイトが手っ取り早いのでオススメです。なお、コーヒーの生豆は1kg単位で売られていることがほとんど(800gなどの場合もありますので要チェック)ですが、価格はコーヒー豆によって異なります。

そもそも、コーヒーの好みは人によって異なりますので、高いコーヒー豆が必ずしも口に合う、おいしいと感じるかはまた別の話です。そのため、「安いコーヒー豆=おいしくない」というわけでもありませんので、自分好みのコーヒーの生豆を探していくという楽しみも自宅で本格コーヒーを始める上での面白さの一つとなります。

まずは自宅で本格コーヒーを始める場合は自分に合ったコーヒー生豆を探しましょう。

コーヒー豆の種類・産地!スペシャルティーコーヒの規格を学ぶ

*一度に買っても続けられるか?口に合わなかったりする不安がある…

初めての焙煎をする場合は失敗してしまう事も考えて、値段を抑えたものから始めるのも良いでしょう。とはいえ、1kgあたり1,000円以上となると量も多いので少し手を出しにくい印象があるかと思いますが、一杯のコーヒーに換算すれば数十円で本格的なコーヒーが飲めますので決して高い買い物ではありません。

また、通販サイトによっては100g単位で複数の種類を一度に飲み比べできるお試しコーヒー豆セットもありますので、少しずつ試したい、色々なコーヒー生豆を探したい、という方にオススメです。

~手網焙煎器を購入する~

自宅で本格コーヒーを始めるに当たって、生豆を焙煎する手網焙煎器は必須です。ご家庭によっては銀杏を炒る時に使う手網焙煎器もあるかもしれませんが、もし無い場合はこれも通販サイトなどで購入したほうがいいでしょう。とはいえ、コーヒー用の手網焙煎器も中々売っておらず、値段もピンキリですので安いもだと1,000円から2,000円前後、本格的な手網焙煎器だと5,000円近くかかる場合もあります。自宅で本格的な焙煎コーヒーを楽しむためには必須な手網焙煎器ですが、購入時はしっかりとレビューの確認もしたうえで購入検討したほうがいいでしょう。

*焙煎方法はフライパンでも問題ないか?

手網焙煎器を購入するのが面倒だからといってフライパンで焙煎しても良いか?についてはフライパンでも焙煎は可能です。ただし、フライパンの大きさや常に振り続ける動作で腕が疲れてしまいますし、一回数十gのコーヒー生豆を焙煎するためにフライパン一つを使うのも勿体無いので、手網焙煎器を購入するかどうかは検討しましょう。

家でコーヒーを焙煎してみる!自宅で楽しむ簡単焙煎入門!「焙煎」のやり方!こちらの記事で手順を公開しています。

 

~保存方法も考える~

コーヒー一杯に使うコーヒー豆は数g程度ですので、仮に何十gと一気に焙煎しても一度に使うわけではありませんので、まだ未使用の生豆、焙煎した豆を保存する容器も必須です。

焙煎したコーヒーも空気に触れ続けると劣化して味が落ちてしまいますので、密閉できる瓶などの保存方法も必要です。

なお、コーヒー豆も保存期間があまり長くはありませんので、焙煎したコーヒーは短期間で消費できる分だけ焙煎して使用しましょう。

知っておくと安心!コーヒー豆・コーヒー粉の保存方法と最適な容器!こちらの記事もオススメです。

【まとめ】

自宅で焙煎コーヒーを始めるのは決して難しくはありませんが、始めるにも様々なコストがかかります。いきなり高級なコーヒー生豆や高い道具を揃える前に、まずは金銭面でも負担にならない範囲から自分の好みにあったコーヒー豆を見つけたり、焙煎方法に慣れてからでも遅くはありません。

一覧へ戻る

YouTube TV

Twitter