ハンドドリップで淹れてみよう!プロ実践!美味しいコーヒーの淹れ方!

coffee-918926_1280-768x512

このカフェサイトを見ていただいてるカフェ好きの皆さんなら、こんな季節にはやっぱり暖かいコーヒーやカフェラテなどでほっこりしたいですよね♪

今回はいつものコーヒーをより美味しく楽しむ為にプロも実践するコーヒーの淹れ方をご紹介いたします。

 

ハンドドリップの基礎知識編 美味しいコーヒーの淹れ方

 

・カップを温める

・ドリッパーにフィルターと挽いた粉をセットする。1杯あたり約10〜12グラム!(10グラムで120〜130CCほどのコーヒーが出来ます。)

・水は汲みたての新鮮なものを仕様する。

・お湯を沸かす際は沸騰したら1分ほどおいて適温にしていきます。(注ぎ始めの温度は85℃~95℃位が適温)熱湯は仕様しない!

熱すぎるとコーヒーの油が抽出され、カップ内に油膜が浮かんだり、雑味成分まで抽出してしまいます。

・挽いた粉に少量のお湯をかけしっかり蒸らす。鮮度の高い挽きたての豆は炭酸ガスを含んでいるため十分に蒸らす時間をとることで粉に溜まっているガスが排出され、うま味成分が出やすくなります。 30秒ほど

・ドボドボと一気に注がない。すこしづづゆっくり丁寧にそそぎ、抽出します。細口のポットを使用すると静かに注げます。1投目を注ぎドーム状に膨らみます。減り具合を確認し、70%ほど減ったら2投目を注ぎ入れます。3投に分けて注ぎ抽出できたら完成。

・最後までお湯が落ちきる前にドリッパーを取り上げる!最後の方は雑味成分も抽出されてしまう為。

カフェラテとカフェオレの違い

s_image6-1

どちらもミルクを使用することに変わりはありませんが、基本的に使用するコーヒーが違うのです。

カフェオレは普通のコーヒー。カフェラテは「エスプレッソ」なんですね。

今回は、ドリップコーヒーにミルクを使用するカフェ・オレのポイントをご紹介いたします。

カフェ・オレに使用するミルクもとっても重要です。

コーヒーの淹れ方4種とそのポイント!それぞれの味わいの違いとは?ちらの記事もオススメです。

次のページで、ミルクの適温とバランスを紹介します。

1 2
一覧へ戻る

YouTube TV

Twitter