コーヒー界の新スタイル「シングルオリジンコーヒー」とその魅力について!

スペシャルティコーヒー 

【シングルオリジンコーヒーとは?】

 

「シングルオリジンコーヒー」について聞いたことはあるでしょうか。

もしかするとコンビニなどでこの「シングルオリジンコーヒー」の文字を見かけた事がある方もいらっしゃるかもしれませんが、初めて見る人にとっては「新しいコーヒーの商品名か何か?」と思ってしまいそうになります。

この「シングルオリジンコーヒー」の定義はやや曖昧で線引きがハッキリしたものではありませんが、簡単に言えば「コーヒーの生産地を限定、特定の場所、特定の農場と生産者によって作られたコーヒー」をシリングルオリジンコーヒーとして認識されました。

さて、ここで気になるのが「シングルオリジンコーヒー」である事が飲む人にとってどんなメリットがあるのか?どんな魅力があるのか?についてです。

今回は「シングルオリジンコーヒー」の魅力とその特徴についてもご紹介していきますので、目を通した後には今後「シングルオリジンコーヒー」の文字を見た時にコーヒーの選び方やこだわり方に変化があるかもしれません。

コーヒー豆の種類・産地!スペシャルティーコーヒの規格を学ぶ こちらの記事もオススメです。

【シングルオリジンコーヒーの魅力】

 

「シングルオリジンコーヒー」は上記でも述べたとおり、コーヒーを一まとめで見るのではなく、特定の国、特定の場所、特定の農場と生産者によって作られたコーヒーのことを指します。

わかりやすく野菜で例えると「日本の○○県で作られた野菜」と見れば一まとめの見方となります。

しかし、野菜の中にはその土地の気候や土の質によって独特な成長をした野菜や、生産者が長年の研究で色々と試してできた新しい野菜が認知されるようになってきました。

それらの野菜は一般店舗での流通こそ難しいのですが、生産者の顔が見えることから特定の気に入った野菜を定期的に個人で注文されたり、レストランが「この野菜でなければこの料理は作れない」という事から注文していることもあります。

コーヒー豆が同じ品種であっても場所・生産者・育て方が異なる以上はコーヒーにおいても同じ事が言えますので、同じ品種でも香りが異なったりコクが違ったりする事はありうる事です。

~シングルオリジンである理由~

近年シングルオリジンに関して関心が高まっており、今ではコーヒーだけでなく紅茶にまでシングルオリジンの風潮が広がってきております。

そもそも「なぜシングルオリジンである事にこだわるのか?」という理由について気になるところであり、「コーヒーの販売業者達」が騒いでいるだけな気がする、と考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、飲む側にとってもシングルオリジンコーヒーには「種類豊富な味わいのコーヒーが沢山出てくる」というメリットがあります。

普段我々が飲んでいるのは「ブレンド」されたコーヒーである事が多いです。

ブレンドコーヒーはコーヒー豆同士を組み合わせてコーヒーに足りないものを補い合って味を調えているので、確かにマイルドでおいしいコーヒーが多いですが、逆にコーヒーへ自分好みのおいしさを求めるには不向きです。

人によってはコーヒーに対して以下のようなこだわりをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

・もっと苦いコーヒーが飲みたい。

・少し酸味のあるコーヒーを楽しみたい。

・カプチーノやカフェラテにあったコーヒーを探したい。

以上のようなこだわりがあるかと思いますが、オリジナリティのあるシングルオリジンコーヒーの登場によって、「自分にピッタリ!」なコーヒーを見つける事も出来るようになるのです。

また、喫茶店を経営していらっしゃる方などであれば、こだわりのローストでコーヒーをお客様に提供する場合、新しい選択肢が増える事となりますのでお客様から見れば「ここでしか飲めないコーヒー」という楽しみを求めてくるようになります。

もちろん、選択肢が増えるのでどのコーヒーがおいしいかどうかについては飲んでみるまでは好みに合うかはわかりません。それでも新しい味わいを求めているのであれば、シングルオリジンコーヒーを試してみましょう。

1 2
一覧へ戻る

YouTube TV

Twitter