珈琲のブレンド・アメリカン・ストレートの違いを解説!これで注文も困らない

コーヒー

ブレンドとアメリカン・ストレートの違い。

 

一口に珈琲豆と言っても産地の違い、ブレンドの違い、焙煎度合の違いなどによって様々な表情を見せます。

 

カフェのメニューに書いてあるコーヒー種類の違いについてはよくわからない…。コーヒーを注文するとき、ブレンドとアメリカン・ストレートどちらにしようか迷うことがありますよね。正直なところ、それぞれがどう違うのかハッキリとわからない方も案外いるのではないでしょうか。

 

オシャレなカフェでのコーヒータイムがより一層楽しくなるように、好みのコーヒーを見つけてみるのもオススメです。そこで、今回はよく飲まれるアメリカンコーヒーとブレンドコーヒー、ストレートコーヒーの違いをご紹介します!

 

 

 

ブレンドコーヒーとは??

 

ブレンドコーヒーは数種類のコーヒー豆をそれぞれの豆の特徴を引き出せるように混ぜ合わせて入れたコーヒーのことです。ブレンドする豆の種類は普通3種類から多くても5種類。

 

それ以上多くするとコーヒーのバランスがとれなくなってしまいます。コーヒー豆は何十種類もあるためその組み合わせは無限大です。

 

同じ組み合わせでも配合を変えればまた違う味わいになります。カフェによってはホットコーヒー=ブレンドコーヒーのところも多いです。

 

豆の種類、その配合によって、酸味強い、苦みがある、コクがある、まろやか、など、特徴ががらりと変わります。お店によってこだわりをもってブレンドコーヒーを淹れているところも多くあります。自分好みのブレンドコーヒーを探すカフェ巡りをしてみてもいいかもしれませんね!

 

せっかくカフェでコーヒーをいただくのなら、豆のことや淹れ方を知っておきたいもの。知れば知るほどコーヒーに興味がわいてきますし、飲むときに違いを味わえるようになってグンと楽しみが広がります。こだわりの喫茶店を見つけて、コーヒーをひとり楽しむ…、そんな贅沢な休日を過ごしてみるのもオススメ!

 

ブレンドのメリットは、イメージする味を再現しやすいことです。いろいろな産地のコーヒー豆を合わせて好みの味を作ることができます。

 

アメリカンコーヒーとは??

 

アメリカンコーヒーは、「浅煎り焙煎豆」を使用して淹れたコーヒーのことを指します。ローストとは、コーヒーの生豆を煎る作業のことです。実はコーヒーの生豆は白いのをご存知でしょうか。

 

ローストして初めて茶色になるのですが、そのロースト具合が「浅煎り」の状態なのがアメリカンコーヒー、ということになります。

 

浅煎りのため色が薄く、苦みが少ないのが特徴で、少しだけ酸味が強めに感じられることもあります。よく、「コーヒーを薄めたものがアメリカン」といったような解釈をしている人がいるのですが、水で薄めているから薄い色をしているのではないんですよね。

 

しかし、今では豆の量は同じだけど抽出の際の水量を多くしたものも「アメリカンコーヒー」ということがあります。本来のアメリカンコーヒーは「浅煎り」。アメリカンコーヒーを飲むなら、きちんと浅煎りコーヒーを出してくれるところで飲みたいですね!

 

ストレートコーヒーとは??

 

ストレートは1つの産地のコーヒー豆で、モカやキリマンジャロの銘柄がよく知られています。コーヒーといえば、モカやキリマンジャロをイメージする方も多いと思います。

 

ストレートのメリットは個性が強く味の特徴がわかりやすいことです。

 

コーヒー豆の種類・産地!スペシャルティーコーヒの規格を学ぶ こちらの記事もオススメです。

 

オーダーするときなどは、普段自分の飲むコーヒーの好みを伝えて、スタッフさんに選んでもらうのもいいかもしれません。

 

この違い説明できますか?→「低糖」と「微糖」コーヒー好きダイエッター必見!缶コーヒーの表記の違い!

コーヒー博士目指してるんですか?→コーヒーと血圧の関係に新発見!高血圧が気になる!コーヒー飲んでも大丈夫?

千利休もこりゃ驚き→美味しいコーヒーの淹れ方4種解説とそのポイント・特徴まとめ!

この投稿は役に立ちましたか?YESNO0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

 

 

 

一覧へ戻る

YouTube TV

Twitter