カフェの開業決めたら読んで欲しい!カフェ開業の為の7つのステップ!

s_coffee-423198_640

みんな出来るカフェ開業の道のりと各種手続き

 

好きなカフェにいる時間て、とっても心地よくて贅沢な時間ですよね。

カフェ好きの皆さんの中にも1度は自分のCAFEを持ってみたいと思ったことなどあるのではないでしょうか。

器もこだわって、ソファーを置いて、内装はおしゃれな感じに。料理は可愛く盛り付けて。。夢は膨らむばかりですよね。この考えている時間もとっても幸せです。

カフェやってみたいけどカフェを開くなんて私には無理って思って躊躇していませんか?そんなあなたの為に、きっとできる夢のカフェ経営を実現するための方法を、わかりやすく解説致します。

カフェ開業には特別難しい資格など必要とず、比較的簡単にOPENすることができます。

 

1.理想のカフェを書いてみる(コンセプトを決める)

 

ソファーでゆっくりできるお店がやりたい!

こだわりのコーヒーやスウィーツを販売するお店が出したい。

など理想のカフェを書いて、どんどん書き出していきましょう。

理想のスタイルが少しづつ出てきたらより明確にしていきます。

s_dessert-398966_640

例えば、

こだわりのコーヒーを出すお店→アレンジコーヒーの種類を60種類用意する。

自家焙煎で高品質の豆を使用したスペシャリティコーヒースタンド。など。

こだわりのスウィーツを販売したい→フルーツを贅沢に使用したワッフルを提供したい。

ジェラートを12種類用意して、自家製で焼き上げたパイにフルーツと挟んで提供したい。など。

具体的にしていく事で必要となる設備や備品が明確になっていきます。

 

2.理想のカフェに必要なものを書いてみる(事業・資金計画)

 

あなたの、理想のカフェを具体的に書き出してきました。明確に見えてきましたか?

ここから、さらに具体的にしていきましょう。

食器や家具、使用したいキッチン設備なども具体的に書き出していきましょう。

必要な食器の数・什器・厨房機器など明確にしていきます。

ここで、明確にしておくと、後の内装業者さんとの打ち合わせもスムーズに進みます。

espresso-machine-690498_640

提供したいメニューやサービスと雰囲気も統一感を持たせると、お客さんにコンセプトが伝わりやすくなりますのでオススメです。

 

理想のカフェを喜んでもらえそうな人・場所を考える(出店立地・ターゲット設定)

 

自分がやりたい事や売りたいものが、本当にニーズがあるのかしっかり調査します。

先に出店したいエリアがあれば、そこに住んでいる人など調査し、ニーズを探ってから商品構成やお店の雰囲気を決めるのもオススメです。

コンセプトが受け入れられる立地であるか十分に調査しましょう。例えばお年寄りの原宿巣鴨に「カラフルポップわたあめカフェ」より「緑茶エスプレッソの和パフェが人気!縁側カフェ」の方がニーズはありそうですよね。

自分がどんなにいいと思っていても、欲しいと思う人がいなくては全く売れません!多少なりとも、土地に合わし人に合わす。実際に営業してみてもその街に合わせて少しづつ変わっていくものなのです。

ただ、個性がなくならぬよう気をつけてください!あなたの理想のカフェです。あなた独自の商品やサービスに自信を持って提案方法を少し変えるだけです。

1 2 3
 
一覧へ戻る

YouTube TV

Twitter