カフェ面接に行く際の注意点や好印象を与える履歴書の書き方!

アルバイト面接

憧れのカフェで働こう!面接編

 

カフェスタッフは人気も高く、お洒落なスタッフや専門知識を持ったバリスタ、キッチンスタッフなど魅力的な人たちが多くいます。

この記事を読んでいるあなたも一度はカフェで働きたいと思ったことがあるのではないでしょうか。

ラテアートをやってみたい・お洒落に盛り付けた料理を作ってみたい・接客が好きなど理由はなんでも構いません。面接に行くのは緊張しますが勇気を出してアルバイト希望を伝えてめましょう。

面接にあたって注意しなければならない点や、履歴書の書き方をまとめました。

 

 

バイト面接時の「服装・髪型・メイクなど」身だしなみの注意点

 

カフェの仕事はお客様と直接向かい合う仕事であるため、身だしなみに注意しなければなりません。

そのため面接においても、相手に不快感を与えないような身だしなみをしていくことが非常に重要です。

面接では様々なことを聞かれますし、仕事の時にしっかりとすれば良いと考えている人も少なくありませんが、面接において話をする相手は、最初のお客様と同様に考えることが非常に重要です。

そのため、相手に好印象を与える清潔感のある服装や髪型が望ましいものです。

また、お店によってはルールを公開しているところもありますし、働いている人の服装や髪型などをチェックして、これに合わせる努力をすることも必要です。

相手に好印象を与えるように努力することが面接における最低限のマナーと心得ておくことが大切です。

 

アルバイトの面接当日は何分前に行く?あいさつ・持ち物など

 

面接当日は概ね時間の5分前程度までに訪問するようにすることが大切です。

かといって、業務の合間に面接をする場合も多く、早く着きすぎるのも業務の邪魔をしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

万が一交通事情なので時間に遅れそうな場合には予定時刻前までには必ず先方に連絡をして到着予定時刻を連絡することが大切です。

また基本的にはバックヤードで面接を受けることが多いので、前もって訪問する場所やどこから入るかなどを確認しておくと良いものです。

ただしお店によっては正面から入るように指示がある場合もあるので、この場合にはアルバイトの面接を受けに来たことを従業員に告げ、他のお客さんの邪魔にならないような場所で待つことが礼儀です。

持ち物は基本的には履歴書と筆記用具ですが、その他に必要な物がないかは事前に確認しておくことが大切です。また、お店の場合には決して大きすぎない声で、はっきりと挨拶をすることが大切です。

 

面接で良く聞かれる「質問」と答え方ガイド

 

カフェの面接でよくある質問の中に、どうしてこのバイトを選んだのかと言うことがあります。

そのような質問の場合には、しっかりと志望動機を告げるとともに、できるだけ具体的にこの店を選んだ理由を話すことが大切です。

また、中には他のお店ではなくこの店を選んだ理由を聞かれる場合もあります。

その際にはついつい他のお店の悪いところをあげてしまいがちですが、これは絶対に避けた方が良いものです。

他の店の批判をすると、物事を批判的に見ると言う印象与えてしまう恐れがあるので、基本的にはその店の良いところだけをあげるようにした方が印象が良くなります。

またアルバイトの経験などを聞かれる場合も多いので、その際には自分がこれまで行ってきたバイトや、辞めた理由などを正直に話すことで誠実な印象を与える可能性が高くなります。

他には、志望理由がただなんとなく、ただ近いからなどそのお店の事を何にも調べずオファーするのは失礼にもあたるので避けましょう。

 

 

バイト面接の自己PRのポイントとベストな答え方

 

面接においては、そのお店を選んだ理由と自分の適性をしっかり分析した結果が一致しているかどうかを見られることも多いものです。

例えばカフェのバイト面接を受ける場合に、人と会うのが苦手と言う印象を与えてしまうと、決して良い結果は生まれません。

自己PRのポイントが、企業は何を自己PRで何を見ているのかと言う点についてしっかりと分析し、その期待にそうような答えをしっかりと用意しておくことが大切です。

そのためカフェの面接においては自分がカフェの仕事が好き又は興味があること、また自分の性格や適性が自分なりに分析をした結果カフェの仕事に合っていると言うことをしっかりと伝えることが大切です。

過剰に自己アピールをする必要はありませんが、ハキハキとした話し方をすることも、カフェのバイト面接の上では非常に有効となります。

面接担当者は、緊張はあれど面接時の受け答えが接客時の対応と似るであろう事を知っています。

 

履歴書の書き方・注意点

 

カフェのバイトの面接を受ける際に持参する履歴書は、基本的には通常の書き方と同様ですが、接客業の経験がある場合にはその内容について詳細に記載をしておくと有利になることが多いものです。

基本的にカフェの仕事は比較的忙しく、接客方法等を一から教育している時間がないため、接客業の経験がある人の方が優遇される傾向があります。

またその他にも書き方のポイントとして、趣味や特技があればしっかりと記入しておくことが大切です。

その趣味や特技の中には、実際の業務に役立つ内容が含まれていることが多いからです。

また、バイトの面接の場合には企業の面接とは異なり、店長やマネージャーと一対一で行うことが多いため、趣味などで興味深いものがあればこれについて話が弾むと言うこともあり、その人柄を理解してもらう良いチャンスが生まれることも多いからです。

既存スタッフとのコミュニケーションが取れそうか判断する材料にもなります。

一般的な企業の面接の場合の履歴書は、職務経歴書等を添付しなければならないことも多いのですが、カフェのバイトの場合にはそれほど詳しい経歴は不要な場合が少なくありません。

ただし注意点としては、それぞれの項目を簡潔に記入することと、できるだけ丁寧に大きな字で書くことが重要です。相手に読んでもらうんだと言う気持ちを忘れずに書くと良いものです。

記載内容に関して質問された時はしっかり返答できるようにしておきましよう。

 

まとめ

 

カフェによっては経験よりも人柄を重要に見られる事も多くあります。

経験がなくとも謙虚に探求する姿勢がある事を伝えると好印象を与えます。

未経験者歓迎のお店も多くありますので大好きなカフェに思い切ってアルバイト希望を伝えてみましょう。

 

これ知らなきゃ始まらない→現役人事担当者が語るウケる履歴書!自己PRの書き方-カフェ店員編

これであなたも鼻高さん→経験者が語る初めてのカフェバイトで困った飲食業界用語集!

これで私も無敵モードカフェスタッフの仕事内容とは?仕事から得られるスキルや経験がやばい!

 

人気カフェ求人検索へ

この投稿は役に立ちましたか?YESNO0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

 

 

 

一覧へ戻る

YouTube TV

Twitter