カフェスタッフの仕事内容とは?仕事から得られるスキルや経験がやばい!

業務内容

カフェの仕事

 

日本には無数のカフェがあります。それも個人経営のカフェから大規模チェーン店まで全国に幅広くあり、地元に根付いた隠れ家的魅力を売りにするお店から、オーナーの趣味を前面に押し出した個性的なお店・大型店舗から専門特化店まであり、それぞれにそれぞれの魅力を放っています。

 

「カフェ巡りが趣味!」に持つ人も多く、その利用方法もさまざま。そんな中にはカフェで働いてみたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

 

身近であるカフェでは、大体の仕事は見ているから分かるけど、実際に働くにあたって、仕事内容や、どういったスキルが必要になるか、人生においてどんな経験ができるか気になるはずです。

 

カフェのアルバイト志望者さんの参考にカフェでの仕事内容をご紹介します。

 

 

キッチンスタッフの仕事

キッチンスタッフ

オーダーが入り、調理手順にのっとって迅速に調理していきます。

 

キッチンスタッフの仕事は、仕込みから提供まで、お客様をお待たせすることなくお店の料理を忠実に再現するスキルが必要です。

 

料理ができないからと心配する必要はなく、未経験者歓迎のお店も多くありますので、基本的な包丁の扱い方から、味付け、盛り付け、まで勉強することができ、お店独自の調理法や味付けなどはもちろん、食材の扱い方・調理器具の取り扱いまで勉強することができます。

 

料理教室に通うことなく勉強できることもメリットです。

 

仕込みや調理はもちろんですが、その他の業務として、在庫の確認や食材、調理法の勉強なども行わなければなりませんし、レシピも覚えなくてはいけないので初めてのお店ともあれば経験者であっても一苦労です。

 

閉店時には、各種清掃を行い、日によってはグリストラップの清掃も行います。

各種調理器具の消毒など始め、お客様に飲食物を提供する空間なので常に清潔に保つことが大切です。

 

ホール・カウンター業務

バリスタ
フロアについては、来店して頂いた方から注文を聞き取り、オーダーされた物が出来上がり次第運んでいくのが基本業務です。

 

手の空いた時間帯などは、店内清掃や、宣伝活動、各種在庫の補充など行います。

 

エスプレッソマシーンなど導入しているお店などでは、エスプレッソの抽出やカフェラテの提供、アルコールを扱う店舗であればカクテル調合なども経験できるかもしれません。

 

客席の多いところではセクションごとに分かれていることも多く、サラダを担当するサラダ場などのサポートやスイーツの盛り付け補助も行います。

 

また、キッチン、ホールスタッフ共に、洗い場に入るので、家庭では取り扱うことのない量の食器類をチップ(欠ける)などすることなく丁寧に素早く洗うことも必要とされます。

 

全体の規模やアルバイトの数により差異があるものの、セクションが完全に分かれている場合を除き、フフロアやキッチンのスタッフがそれぞれをサポートしつつ、スムーズに業務を進行していくことが重要です。

 

 

フルオーダーとセルフ!お店の形態

 

カフェと言っても、経営形態は様々で、によってもカフェスタッフの働き方が異なり、大きく分けるとセルフやフルオーダーがあります。

 

セルフの事例ではカウンターにて注文を受けて、来店者が好きな席まで注文した飲み物や食べ物を持って移動します。スタバなどこのスタイルですね。

 

こうした形式は近年増えていてい人気が高まっているコーヒーチェーン店にて見受けられる事が多く、アルバイトは要望を受け付けて飲料や食べ物を手配していきます。

 

フルオーダーはお客様が着座されている席まで聞き取りに行き、指定されたメニューを運ぶ一般的なカフェのスタイルです。

 

フルオーダーの事例では規模が小さなお店も多いことから、アルバイトは臨機応変に動ける能力が求められます。キッチン補助からホールサービスまで行うことが大半なので総合的なスキルを身につけることができます。

 

小規模店舗のカフェスタッフ募集の人気が高いのはこうしたスキルアップにつながる経験ができる理由もあるからかもしれません。

 

 

カフェの仕事で身につくスキル

 

キッチン

 

キッチンやキッチン補助を経験することによって、自分で料理ができるようになる事は一人暮らしをした際など大変役立つスキルとなります。

 

ある食材から考えらえる料理レパートリーが増えたり、調理時間もスピードがつくので慣れない人からすると半分くらいになるのではないでしょうか。

 

また、食材・調理の知識がつくようになり、他のお店に行った際に、調理・味付けの独創性に気付けたり、より食を楽しむきっかけが増えます。

 

ゲストに喜んでいただける事をいろいろ考えながらレシピを考案したりしますので、場合によっては調理スキルだけでなくお客様にきていただくための魅力的な商品の提案など集客の仕組みをキッチンサイドから作ったりマネージメントスキルも磨けます。

 

ホールスタッフ

 

お客様に追加オーダーや水、会計など言われる前に気がつけるようなると仕事もスムーズに進みスタッフ、ゲスト共に気持ちよく過ごせます。このように顧客の要望に先回りして気がつき提案できれば、感動を与えることもできます。忙しい中での作業では相手の意図を迅速かつ的確にくみ取る力が必要です。これはどんな職についても武器になるスキルです。

 

お客様が不自由ないか気遣いを常に行いながら行動しますので、このような対応を行うとお客様はこういう反応だったと経験則もつき、様々な場面での対応力がつきます。

 

大手企業でも最初は営業職につくことも多く、専門性の違いはあるにせよ、こうしたコミュニケーションスキルは大きな強みとなります。

 

お皿洗いをしつつ、次々と追加される要望に対応していくという観点ではマルチタスクの能力が養われますし、直接的に来て頂いた方とやり取りをするのは対人のマナーが養われ、将来的に大きな糧になるアルバイトです。

 

 

まとめ

 

くつろぎの提供をする側となればお客様の時とは真逆の動きとなるので、自分がお客さんの時のイメージだけで志望すると大変です。

 

成長しようと思えば幅広く実生活でも役立つ様々なことを学ぶことのできる環境です。

 

ただの飲食作業と捉えるか、否かで成長スピードも大きく変わるのが飲食業・カフェ事業の特徴でもあります。

この投稿は役に立ちましたか?YESNO0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

 

 

 

一覧へ戻る

YouTube TV

Twitter