必見!失敗しない美味しいカフェオレ・珈琲牛乳の作り方!

珈琲牛乳通販

美味しいコーヒーノウハウ

 

コーヒーの入れ方からミルクの温度まで、美味しいカフェオレやコーヒー牛乳を入れるためのノウハウを公開。自宅で簡単におうちらてを楽しむことができます。

 

カフェラテ・カフェオレの違いなども実は違いがあり面白いのがコーヒーの世界です。

 

今回は、コーヒーの抽出からポイントまでご紹介します。

 

ドリッップ方法

美味しいほっとコーヒー牛乳の作り方

 

手順

 

1.   カップを温める

 

2.  ドリッパーにフィルターと挽いた粉をセットする。1杯あたり約10〜12グラム!(10グラムで120〜130CCほどのコーヒーが出来ます。)

 

3.  水は汲みたての新鮮なものを仕様する。

 

4.  お湯を沸かす際は沸騰したら1分ほどおいて適温にしていきます。(注ぎ始めの温度は85℃~95℃位が適温)熱湯は仕様しない!

熱すぎるとコーヒーの油が抽出され、カップ内に油膜が浮かんだり、雑味成分まで抽出してしまいます。

 

5.  挽いた粉に少量のお湯をかけしっかり蒸らす。鮮度の高い挽きたての豆は炭酸ガスを含んでいるため十分に蒸らす時間をとることで粉に溜まっているガスが排出され、うま味成分が出やすくなります。 30秒ほど

 

6. ドボドボと一気に注がない。すこしづづゆっくり丁寧にそそぎ、抽出します。細口のポットを使用すると静かに注げます。1投目を注ぎドーム状に膨らみます。減り具合を確認し、70%ほど減ったら2投目を注ぎ入れます。3投に分けて注ぎ抽出できたら珈琲の完成。3投目以降は抽出量に合わせて注ぎます。

 

この時高い位置から注ぐと、空気まで一緒に取り込んでしまいせっかく蒸らした状態の豆が外気に触れる原因に!

 

低い位置からお湯を注ぎ入れることによって空気を取り込まず蒸らした豆の旨味を十分に抽出することができます。

 

7. 10g使用で約2分程で抽出します。抽出時間が短いと焙煎豆本来の風味がしっかりと抽出されず、反対に抽出時間が長いと苦味や渋みなどの雑味がより多く抽出されてしまいます。

 

抽出量がオーバーすると最後の方は出がらしとなり雑味成分も抽出されてしまう為気をつけましょう。

 

8. ミルクの甘みを引き出せる温度は「70度前後」とされています。温め過ぎに要注意!お勧めは体感としてより甘味を感じられる60度後半です♪

 

9.  温めたミルクを珈琲に注ぎ、お好みでお砂糖をたっぷり入れて完成!

 

お勧めレシピ

 

コーヒー 4 + ミルク 6 + たっぷりお砂糖 = 最高のコーヒー牛乳

 

POINT

コーヒーを入れるカップは事前に温めておきましょう。冷えたカップに注ぐとせっかく温めたお湯も10度ほど下がると言われております。冬場はやっぱり暖かいものがいいですもんね。一般的なHOTドリンンクの飲み頃の適温は体温プラス25度以上と言われ 約:適温62~70℃ほどです。コーヒーもミルクも飲み頃も温度が重要なんですね!ちょっと一手間かけて美味しいコーヒーを入れてみてはいかがでしょう♪

 

上質なコーヒー牛乳

美味しいコーヒー牛乳の作り方アイス編

 

手順

 

1.   カップを用意する。

 

2.  ドリッパーにフィルターと挽いた粉をセットする。130cc程度のコーヒーを抽出するのにホットコーヒーの場合、一杯あたり約10〜12g使用しますがアイスコーヒーは少し多めの12〜15gほど使用します。

 

3.  水は汲みたての新鮮なものを仕様する。

 

4.  お湯を沸かす際は沸騰したら1分ほどおいて適温にしていきます。(注ぎ始めの温度は85℃~95℃位が適温)熱湯は仕様しない! 熱すぎるとコーヒーの油が抽出され、カップ内に油膜が浮かんだり、雑味成分まで抽出してしまいます。

 

5.  挽いた粉に少量のお湯をかけしっかり蒸らす。鮮度の高い挽きたての豆は炭酸ガスを含んでいるため十分に蒸らす時間をとることで粉に溜まっているガスが排出され、うま味成分が出やすくなります。 30秒ほど

 

6. ドボドボと一気に注がない。すこしづづゆっくり丁寧にそそぎ、抽出します。細口のポットを使用すると静かに注げます。1投目を注ぎドーム状に膨らみます。減り具合を確認し、70%ほど減ったら2投目を注ぎ入れます。3投に分けて注ぎ抽出できたら完成。3投目以降は抽出量に合わせて注ぎます。

 

この時高い位置から注ぐと、空気まで一緒に取り込んでしまいせっかく蒸らした状態の豆が外気に触れる原因に!

 

低い位置からお湯を注ぎ入れることによって空気を取り込まず蒸らした豆の旨味を十分に抽出することができます。

 

7.  約2分15秒程で抽出します。抽出時間が短いと焙煎豆本来の風味がしっかりと抽出されず、反対に抽出時間が長いと苦味や渋みなどの雑味がより多く抽出されてしまいます。

 

抽出量がオーバーすると最後の方は出がらしとなり雑味成分も抽出されてしまう為気をつけましょう。

 

8. 抽出が終わったら氷をたっぷり入れたグラスに注ぎ入れ一気に冷やします。

 

9. お好みの量の牛乳を注ぎ、お好みでシロップをたっぷり入れたら完成!

 

お勧めレシピ

 

コーヒー 4 + ミルク 6 + たっぷりお砂糖 = 最高の珈琲牛乳

 

POINT

ポイントは濃いめに抽出すること!

抽出したての温かい珈琲を氷を入れたグラスに入れ急冷するのでどうしても加水されてしまいます。水で薄まりぼやけた味にならないようたっぷりの粉を使用します。

焙煎度合もコク深く水に負けない豊かな風味を楽しむのには焙煎度合の高い豆がお勧めです。

量を多めに作る場合はガラス製の密封できる容器に保存し、冷蔵庫の香りが移らないように気をつけます。

また、アイスコーヒーは抽出直後より一晩寝かせた方が美味しいとも言われます。

一般的なコールドドリンンクの飲み頃の適温は体温マイナス25度程度と言われ 約:適温5~12℃ほどです。冷えすぎても風味が損なわれたり消化器官の機能低下の原因になりまねないのでほどほどにしましょう。

TEAM CAFE TOKYO 公式通販では、オリジナル商品の『TEAM CAFE TOKYO ブレンド』を発売中。高品質珈琲ギフトセットはお中元やお歳暮、大切な方への贈答用にも大変喜ばれています。

 

TEAM CAFE TOKYO 公式通販へ

この投稿は役に立ちましたか?YESNO0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

 

 

 

YouTube TV

Twitter