日本初の時間貸し珈琲焙煎機”シェアロースター”が大阪に誕生!

シェアロースター

日本のコーヒー文化に新しい変化をもたらす可能性を秘めた空間が、7月3日、大阪の南船場でオープンいたしました!

あなたは「自家焙煎」による本格的なコーヒーを入れてみたいと思った事は有りませんか?
そんな思いを叶える事が出来る場所が出来たのです。

お店の名前は「HOME」

「コーヒーで世界中を繋げる」をテーマにして、(株)HOOP(所在地:大阪)がオープン。
同社は公正な取引を推進する「フェアトレード2.0」、コーヒーを淹れる主体者を増やす「カフェ10万店舗構想」をビジョンに掲げて活動を繰り広げています。
今回、日本初の公共的なシェアロースターを用いる事により、バリスタやカフェのオーナー等のプロだけでは無く、様々な人々が本格的な自家焙煎によるコーヒーの世界を楽しむ事が出来る空間を提供いたします

シェアロースターとは

珈琲焙煎

コーヒー焙煎機を時間貸しするサービスです。

大阪の中心街にて、とあるビルの地下に潜り込む。
そこにはあるのは、まるで秘密基地のような佇まいで広がる空間。
その場所にあるもの、それは焙煎機とエスプレッソマシーンです。

「HOME」はコンセプトを「Co imagine」として世界中の生産者やプライヤーから生豆を仕入れ、店内の焙煎機を共有し、ハイクオリティなコーヒー豆を焙煎、誰もが美味しいコーヒーを淹れられる空間を提供いたします。

利用料金は1時間で4000円(税別)になります。

様々な分野からの人々が交流する事により新しい技術や文化が生まれるような空間、そんな場所を提供する事をコンセプトとし、想定している利用者はレストランのシェフ、ベイカー、パティシエ等のプロフェッショナル。そしてアーティストやクリエイターらの自由な感性を持った人々です。

普通、コーヒーを自家焙煎しようとしても、初期投資額が非常に高額である事、また専門的な技術が必要とされるため、とてもハードルが高く新規参入はとても難しいものです。ましてや個人ともなれば尚更です。
しかし「HOME」に行けば誰でも手軽に自家焙煎が可能なのです。

現在、シェアロースターは、サンフランシスコ、ブルックリン、オーストラリアや北欧などのコーヒー文化が発展している場所では既に根付いているサービスだそうです。
自分の理想とする焙煎をバリスタが追求したり、シェフが食後に自分が楽しむ味を追求したりするなど、新しい可能性を追求する場でも有るそうです。

日本初のシェアロースター。それは日本のコーヒー文化に新しい風が吹く可能性を秘めています。

注目の空間の登場です。 

 
この投稿は役に立ちましたか?YESNO0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

 

 

 

一覧へ戻る

YouTube TV

Twitter