伝説の希少豆!?レアで高価な「ピーベリー」希少豆の正体!

希少豆

希少なピーベリーの正体

 

コーヒー豆の中にピーベリー(丸豆)と呼ばれる希少性の高い豆が存在する事をご存知でしょうか。

ピーベリーとはコーヒー豆の品種のことではなく、豆の形の事を指します。通常私たちがよく見る楕円形のコーヒー豆はフラットビーン(平豆)と呼ばれます。

通常コーヒー豆は1個の実の中に2個の種子が入っていますが、ごく稀に1個しか種子が存在しないものがあります。

大きさは小さく丸い形をしているのが特徴。基本的にはどの品種でも同じピーベリーと呼ばれる豆は存在しますがこのピーベリーの全体の収穫量は3~5%しかなくとっても希少性が高いのです。

 

 

なぜ1個しかない実ができるのか

ピーベリー

通常2個できるはずの種子が1個しかできない原因は、発育不良のため栄養価が1つに集中したり天候条件や交配条件、土壌など様々な要因が考えられるようです。

ちなみにピーベリーの中でも大粒なもののことを「カラコル」小粒なものは「カラコリーリョ」とよばれます。

 

ピーベリーの気になる味は

高級豆

小さめで丸いので均等に火が入りやすく焙煎がしやすいので、味が安定しやすいと言われます。

本来2つあるはずの実が1つしかなく成分が凝縮され味わい深くなるとも言われたりしますが、実は成分自体はフラットビーンと同じです。

あまり市場に出回ることもなく希少性の高さからそのような事が言われるようになったのではないでしょうか。

 

まとめ

 

出荷の過程で欠品豆(害虫に食われたものや、未成熟、ひび割れたのもの)を取り除く作業を行いますがこの際ピーベリーは形の違いから見つけやすく取り除かれてしまいます。

この過程でピーベリーのみを集めて販売したものもありますが全体量がごくわずかな豆を集める事になるので希少性も上がり高くなるというわけです。

コーヒー好きなら興味がある方も多いのではないでしょうか。

通常の販売される豆の中にもごく稀に紛れこむ事もありますので豆を購入したら探してみるのも面白いかもしれません。

 

「極上のコーヒーを飲みたい。」となればこのコーヒーをオススメします。 多くの著名人やホテル業界の関係者、有名料理店のシェフや日本料理の 板長たちからも支持されているコーヒー会社ドイコーヒーさん。 そのおいしさには秘密がありました。 ★初回限定のお得なセット→ https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TRBTI+FEAKZ6+2H8I+5ZMCJ

 

この投稿は役に立ちましたか?YESNO0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

 

 

 

一覧へ戻る

YouTube TV

Twitter