本格サードウェーブコーヒーが楽しめる「フォーバレルコーヒー」人気の理由とは?

【フォーバレルコーヒーとは?】

コーヒーロースター

サンフランシスコのミッション地区にある人気コーヒー店の「フォーバレルコーヒー」はご存知でしょうか。「フォーバレルコーヒー」はサンフランシスコの地元住民に人気のある本格サードウェーブコーヒーのドリップ店であり、現在4店舗を構える非常に人気のあるコーヒーチェーン店です。

「フォーバレルコーヒー」の特徴は何と言っても一杯一杯のコーヒーを厳しい修行を積んだバリスタ(コーヒーに関しての知識と淹れ方を熟知したプロフェッショナルのこと)が淹れてくれますので、その味わいは格別の一杯となるでしょう。

「フォーバレルコーヒー」の名前の由来は「フォー(4つの)」「バレル(樽)」から来ており、名前どおり4つの樽にそれぞれ「エチオピア」「コロンビア」「グアテマラ」「ケニア」の4国の異なるシングルオリジンコーヒー豆がローストされて保管されております。

これらのコーヒーをお客さんは自由に選ぶ事が可能であり、自分好みのシングルオリジンコーヒーとフレーバーの組み合わせを楽しむ事ができるのが「フォーバレルコーヒー」です。

フォーバレルコーヒー → https://www.fourbarrelcoffee.com/

【サードウェーブコーヒー?シングルオリジンコーヒー?】

聞きなれないワードが二つ出てきたと思いますが、今コーヒーの世界ではサードウェーブコーヒーとシングルオリジンコーヒーというワードが認識されてきているのです。この2つは新しいコーヒーのスタイルであり、それぞれ以下のような意味を持ちます。

 

スペシャルティコーヒーの魅力!スペシャルティーコーヒーが流行る理由を探る! こちらの記事もオススメです。

~サードウェーブコーヒー~

サードウェーブは直訳すれば「第三の波」という意味があり、今やコーヒーの世界では新しいスタイルとなってきております。第一のファーストウェーブは、コーヒーが一般人の飲み物として大量消費されて大量生産された時代です。コーヒーが飲料としてコーヒーが大衆に認識され始め、一般家庭や喫茶店などでもお馴染みの飲み物として、世界中で愛飲されるようになった頃でもあります。

第二のセカンドウェーブは今では多くの人が利用する「スターバックス」、「ドトールコーヒー」、「コメダ珈琲店」といったコーヒーチェーン店などのコーヒーをメインに扱うビジネスが始まった時代です。

そして、第三のサードウェーブコーヒーというのは一杯のコーヒーに対して生産者からこだわり、これまであまり知られていなかったコーヒー豆が注目されるようになり、一杯ずつバリスタが丁寧にハンドドリップで淹れるようになったのです。

この一杯一杯がスペシャルなコーヒーのスタイルこそが「サードウェーブコーヒー」なのです。

1 2
一覧へ戻る

YouTube TV

Twitter