〇〇カフェシリーズ!認知症カフェを知っていますか?

column

カフェと言えば、静かでおしゃれな空間でゆっくりとコーヒーを飲みながら、ゆっくりと過ごす場所と言うイメージですが、近頃は、色んなカフェがあるようです。




例えば、認知症カフェ。これは、外出するのが困難になってきた認知症の方や、その家族が、気軽に立ち寄って、お茶をしながら、コミュニケーションがとれる場所、外出するきっかけ作りや、情報交換の場所として、作られ始めました。個人や町内、または行政で行っている所など様々あるようです。

認知症カフェには、認知症に詳しいボランティアがおられるので、気軽に相談する事も出きます。年々増加傾向の高齢者や認知症患者の受け入れ先である介護施設は現在不足している状態です。

デイサービスなどの介護施設は介護認定を受けた方でないと受け入れが困難ですが、認知症カフェは介護認定を受けていない方も気軽に利用できる場所として、認知症かもしれないとか、軽度の認知症で介護認定が降りないなどの方にとっては、本当にありがたい場所です。

そんなありがたい認知症カフェですが、現在、カフェの運営費のほとんどが個人負担やボランティアに頼っている状態で、今後の運営が困難な状態というカフェが多いそうです。

しかし、行政も認知症カフェの必要性に注目しており、助成金が増やそうという自治体もあるようです。

普通のカフェのようにひとりでふらっと立ち寄るのは難しいかもしれませんが、将来のためにボランィア登録して参加したり、家族に認知症の方がおられたら、一緒に行ってみるのも良いかもしれませんね。

ccb 
一覧へ戻る

YouTube TV

Twitter