【東西線】ぶらり途中下車の旅!人気のグルメやカフェを楽しもう!東西線カフェ5選!

s_toz15000_wp_1600

東西線!といえば東京を東西に横断しているあの青いラインの入った東京メトロ。乗り換えで利用してる方も多いのではないでしょうか。東西線は、東京駅にもつながっている便利な大手町、さらにはあの神楽坂も通っています。神楽坂は、デートスポットでもあり、グルメも楽しめて、何と言っても趣きのあるカフェや緑が溢れ落ち着けるカフェなどが多いことで有名ですね。また東西線沿線には、学校も多いので学生さんの利用も多くなります。それゆえに落ち着いて本を読めるカフェはもちろん、目を引くような変わったカフェなどなんとも多種多様なカフェが存在しています。

 

神保町 Grill & Beer cafe gaarden

 東西線カフェ,人気カフェ

11/1神保町にオープンしたGrill & Beer cafe gaardenは神保町駅から徒歩5分以内とアクセスも良く店内もとっても綺麗です。フードメニューも豊富で女子会やちょっとしたパーティにも最適。肉やソーセージを使ったメニューはボリューム感も抜群です。ベルギービールをメインとしているお店なので、ビール通の方にはたまらないお店かもしれません。ビール以外のカクテル、ドリンクメニューも豊富です。

座席は38席と少し少なめではありますが、貸し切り可能で分煙となっているので喫煙をする方にとってもありがたいサービスとなっています。

 
住所 :東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング 1F
電話番号 :03-5577-2110
営業時間 :[月~金]11:30〜23:30[土]17:00〜23:00
定休日 :日・祝日
58348748

 

中野 COFFEE.パフェ.NOBEL

パフェノーベル

カットフルーツに生クリーム!あの懐かしいパフェが味わえるカフェ

JR中野駅からサンモールに入ると大きなビルが。その2階に立地するのが『COFFEE.パフェ.NOBEL』です。表にメニューが並んだショーケースを右手に入店すると広い店内が広がります。

間接照明と木のテーブルが並ぶ店内は落ち着いた雰囲気で、ランチタイムはサラリーマンなどでにぎわうお店です。昭和レトロな雰囲気が楽しめる店内で、女性を中心に人気なのがパフェ類です。

パフェといっても縦長の器に盛られたタイプではなく、舟形のような横に長いガラスの器に盛られた古き良きパフェが楽しめます。パフェはフルーツたっぷりの「フルーツパフェ」や「チョコレートパフェ」「バナナパフェ」などで、テーブルに運ばれてきて思わず声を上げてしまうほどの華やかな盛り付けは印象的です。

リンゴやオレンジなどのカットフルーツも見事で、生クリームがたっぷり盛り付けられています。 

住所 :東京都中野区中野5-60-7 タイガープラザ 2F
電話番号 :03-3387-2717
営業時間 :9:00~23:30
定休日 :年中無休
 中野カフェ

 

門前仲町 Rico+(リコプラス)

リリコプラス

夫婦で切り盛り、1メニューでいろんな味が楽しめるカフェ

門前仲町駅から徒歩10分ほどの場所にある「Rico+(リコプラス)」というカフェは、1メニューでいろんな味が楽しみたい女子に人気のお店です。

ご夫婦で切り盛りする、カウンターとテーブル席をふくめて12席とコンパクトな造りのカフェですが、出てくるメニューはとにかく楽しめる内容で人気です。ランチメニューは季節の食材を使ったメニュー「ズワイガニとほうれん草のカニ味噌クリームマカロニグラタン」や肉料理、魚料理など4種類ほどから選ぶことができます。前菜に出てくるデリは四角いお皿の上にココットのような小さな器に盛られたものが5種類提供され、見た目にもかわいいと評判です。このボリュームで1,000円というのはかなりお値打ち。

 

@aozoracafeが投稿した写真

 
 
住所 :東京都江東区佐賀1-2-7
電話番号 :070-5544-4127
営業時間 :8:00~20:00(L.O.19:30) モーニングタイム 8:00~11:00  ランチタイム 11:00~15:00
定休日 :月曜日・火曜日
リリコプラス
 
一覧へ戻る

YouTube TV

Twitter