【六本木観光】デートに美術館や展望台はいかが?六本木ヒルズや東京ミッドタウン詳細紹介

六本木ヒルズ

六本木観光スポット紹介

 

様々な国の大使館が多くあり、また海外からの観光客の方も多く訪れ、東京都内でも有数の国際色豊かな街が六本木です。

 

六本木ヒルズや東京ミッドタウンなどの有名スポットも抱える大人気の街、そんな六本木の人気観光スポットをご紹介します。

 

六本木ヒルズ

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Stella Changさん(@stella365201)がシェアした投稿

六本木ヒルズは2003年(平成15年)4月に開業した複合商業施設で六本木のランドマークといえます。

 

高さ238mの高層オフィスビル「六本木ヒルズ森タワー」を中心にグランドハイアット東京(ホテル)、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(映画館)、テレビ朝日(放送局)などの他、多くのショッピングエリアを有しています。

 

そんな六本木ヒルズは見どころがたくさんあります。六本木ヒルズの人気観光スポットをご紹介します。

 

1 森美術館

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

エビルさん(@sonichero0722)がシェアした投稿

六本木ヒルズ森タワー最上階の53階にある美術館で、通称をMAM(マム/Mori Art Museumの頭文字から)といいます。

 

森美術館では、日本や世界中の現代美術を中心に絵画、彫刻、建築、ファッション、建築、デザイン、写真、映像、インスタレーションなど様々なジャンルの展覧会が開催されています。

 

また、開かれた美術館であることを目指しギャラリートーク・ツアーやアートカレッジ、ワークショップなど多様な企画が実施されています。

 

森美術館詳細

名称 森美術館
住所 東京都港区六本木6ー10ー1 六本木ヒルズ森タワー 53F
電話番号 03ー5777ー8600
営業時間 月・水~日曜 10:00~22:00/火曜 10:00~17:00
入館料金

一般 1,800円/学生(高校・大学生)1,200円/子供

(4歳~中学生)600円/シニア(65歳以上) 1,500円
※東京シティビューにも入館可です。※表示料金は税込価格です。

定休日 無し
HP http://www.mori.art.museum/
割引情報

※他の割引との併用はできません。
三スケ割
対象期間 2018年4月25日(水)~9月17日(月・祝)
割引対象 三角スケールを持参の方 ※子供

(4歳~中学生)は対象外
割引内容 一般、学生(高校・大学生)、シニア

(65歳以上)は一律100円引き
リピート割
対象期間 2018年4月25日(水)~9月17日(月・祝)
割引対象 「建築の日本展」前回来館時のチケットの半券を持参の方 ※子供

(4歳~中学生)は対象外
割引内容 一般、学生(高校・大学生)、シニア(65歳以上)は一律100円引き

 

2 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー 屋内 展望台・屋上 スカイデッキ

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ISSEY.さん(@issey333)がシェアした投稿

東京シティビューの屋内展望台は、森タワーの52階(海抜250メートルに位置します)にある展望台で高さ11メートルを超える吹き抜けに360度ガラス張りという開放感に溢れた空間です。

 

展望台の回廊には「都市型エンターテイメント」をテーマにしたギャラリースペース「スカイギャラリー」が設営され同場所ならではの眺望と融合したイベントや展覧会が開催されています。
「スカイデッキ」は六本木ヒルズの屋上にあります。

 

地上238m(海抜270メートル)というオープンエアーの展望施設としては日本最高所に位置します。また広さについても日本最大の面積の展望施設です。

 

開放感溢れるスカイデッキからは東京タワーをはじめ、新宿超高層ビル群、お台場など都内を一望できます。また、星空観望も楽しめる夜景も絶景です。

 

六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー・スカイデッキ詳細

 

住所 東京都港区六本木6ー10ー1 六本木ヒルズ森タワー 52階・屋上
電話番号 03ー6406ー6652
営業時間 屋内展望台 平日および休日 10:00~23:00(最終入館 22:30)
金・土・休前日 10:00~25:00(最終入館 24:00)
屋上 スカイデッキ 月~日 11:00~20:00(最終入場19:30)
※屋外のため、天候不良等により予告なしで閉鎖される場合があります。
入館料 屋内 展望台 一般 1,800円/学生(高校・大学生)1,200円/子供(4歳~中学生)600円/シニア(65歳以上) 1,500円
※森美術館にも入館可です。
※表示料金は税込価格です。
屋上 スカイデッキ
※森美術館、東京シティビュー、森アーツセンターギャラリーのいずれかのチケットをお持ちの方は以下の追加料金でスカイデッキに入れます。
一般 500円/学生(高校・大学生)500円/子供(4歳~中学生)300円/シニア(65歳以上)500円
※表示料金は税込価格です。
定休日 無し
HP https://tcv.roppongihills.com/jp/

 

3 毛利庭園

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TOMOMIさん(@tomobaby_1028)がシェアした投稿

毛利庭園は、およそ350年前の江戸時代、慶安3年(1650年)に毛利秀元が麻布日ヶ窪の地(現在の六本木六丁目他)に上屋敷を設け、その大名屋敷の庭園として設けられたのが始まりです。

 

当時の名残を今に伝える庭園は、池を中心とした回遊式の広大な日本庭園です。その面積4300平方メートルという毛利庭園では、池や渓流のせせらぎや滝、また四季折々に変化する桜やイチョウ、楠や榎などの木々や植物の表情を感じながら、ゆっくり散策することができます。

 

また、桜の名所としても知られ、樹齢約300年の大銀杏も存在感を放ちます。

 

毛利庭園詳細

 

住所 東京都港区六本木6ー10ー1
電話番号 03ー6406ー6000(六本木ヒルズインフォメーションセンター)
営業時間 7:00~23:00
入館料 無料
アクセス 東京メトロ日比谷線「六本木駅」1C出口より徒歩すぐ/都営地下鉄大江戸線「六本木駅」3出口より徒歩4分
HP http://www.roppongihills.com/green/

 

東京ミッドタウン

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Koichiさん(@hakuchuu1882)がシェアした投稿

東京ミッドタウンは2007年(平成19年)3月30日に開業した大規模複合施設です。ホテルのザ・リッツ・カールトン東京、サントリー美術館、東京ミッドタウンクリニックなどの他、さまざまなテナントが入っているオフィス、ショップ、レストランや公園・緑地など多様な施設から成っています。

 

主要な建物の一つで最も大規模なミッドタウン・タワーは地下5階・地上54階・高さ248.1mで東京都内では最も高い(日本国内では6番目に高い)ビルです。

 

そんな東京ミッドタウンの人気観光スポットをご紹介します

 

1 21_21 DESIGN SIGHT(トゥーワン・トゥーワン・デザインサイト)

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@mono_aisがシェアした投稿

21_21 DESIGN SIGHTは東京ミッドタウン内の緑地「ミッドタウン・ガーデン」の中に建てられたデザインミュージアムです。2007年3月30日に東京ミッドタウンと合わせてオープンしました。

 

「文化としてのデザインの未来を発見し、つくっていく拠点」として、様々な展覧会の他、トークやワークショップなど訪れた人がデザインの新たな可能性や未来に触れて新鮮な驚きにみちた体験ができるよう多角的なプログラムが行われています。

 

この場所につくられたのは「広場に集まってきた人々が自然に中に入れるような場所にしたいという思いから」との事です。

 

独創的な形状をした建物は、ディレクターの一人である安藤忠雄氏が建築設計をしました。

 

地上1階地下1階建ですが、地下階が延床面積の約8割を占めており、外から見ただけでは想像もつかない空間が地下では広がります。

 

21_21 DESIGN SIGHTという名称の由来ですが、英語で優れた視力のことを「20/20 Vision(Sight)」と表現しますが、さらにその先を見通す場でありたいという思いから命名されています。

 

施設内では3つのギャラリーの他、ショップスペースがあります。また、ギャラリーに併設して代官山のイタリアンレストラン「リストランテ カノビアーノ」の直営店があります。

 

21_21 DESIGN SIGHT詳細

 

住所 住所 東京都港区赤坂9ー7ー6
電話番号 03ー3475ー2121
営業時間 10:00〜19:00
休館日 火曜日、年末年始
入場料 プログラムによる、1Fショップは入場無料
HP http://www.2121designsight.jp/

 

2 ビルボードライブ東京

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Shunya nishiuchiさん(@nishiuu)がシェアした投稿

100年以上の歴史を持つ音楽チャートでおなじみのビルボードがオープンした、世界や日本のトップクラスのアーティストのライブパフォーマンスが楽しめ、また一流シェフによるお料理やドリンクなどが楽しめる洗練されたクラブ&レストランです。

 

東京ミッドタウンのガーデンテラス4Fにエントランスがあり、3層になった立体的なフロアは建物の3F・4F・5Fに位置します。3階・4階はサービスエリアとしてレストラン・スタイルのテーブル席やソファ席でライブとお料理などが楽しめます。

 

4階の一部と5階はカジュアルエリアとしてキャッシュ・オン・デリバリーで気軽にカウンター席でライブとドリンク、軽食などが楽しめます。

 

ステージ後方は全面的に高透過ガラスになっており、開演前には美しい夜景が楽しめる時もあります。多彩なジャンルの音楽と豊富な種類のお料理やドリンクなどが楽しめるお店です。

 

ビルボードライブ東京詳細

 

住所 東京都港区赤坂9ー7ー4 東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
電話番号 03ー3405ー1133
開演時間 平日(月〜金) 1stステージ開場17:30 開演19:00/2ndステージ開場20:45 開演21:30
土・日・祝 1stステージ開場15:30 開演16:30/2ndステージ開場18:30 開演19:30
※公演により異なる場合があります。
料金 サービスエリア
3F 自由席 自由席料金
メンバーズシート 自由席料金+¥1,080 ※CLUB BBL会員、法人専用の指定エリアになります。
4F Duoシート/4F両サイド 自由席料金+¥3,240(1〜2名)2名掛けのソファー席です。
DXシートカウンター/4F正面 自由席料金+¥2,160(1名)カウンター席(DL:LOWカウンター/DH:
HIGHカウンター)
DXシートDuo/4F正面 自由席料金+¥4,320(1〜2名)2名掛けのBOXシート
料金 カジュアルエリア
4F・5F カジュアルエリア 1drink付きのカウンター席です。追加ドリンクや軽食は、ご自身でバーカウンターにてお求めください。
HP http://www.billboard-live.com/pg/shop/index.php?mode=top&shop=1

 

国立新美術館

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mさん(@i___mickey)がシェアした投稿

国立新美術館は2007年1月21日に開館した日本最大の美術館です。国内最大級の展示スペース(14,000㎡)を生かした公募展や企画展、共催展など多彩な展覧会が開催されています。

 

独立行政法人国立美術館に所属している中では唯一コレクションを持たない美術館で、展覧会の他に国内の展覧会に関する情報収集や展覧会カタログなどの美術に関する様々な資料の収集・公開や、教育普及などを行なっています。

 

建物正面は全面ガラス張りで美しい曲線が波打った特徴的なデザインになっていて、建物内部の吹き抜けも素晴らしい空間になっています。

 

館内にはミュージアムショップ、アートライブラリー、カフェ、レストランなどが有り、様々な楽しみ方が出来ます。

 

国立新美術館詳細

 

住所 東京都港区六本木7ー22ー2
電話番号 03ー5777ー8600
営業時間 企画展 10:00〜18:00
※会期中の毎週金・土曜は20:00まで(ただし、7月から9月は21:00まで)
※入場は閉館の30分前まで
※展覧会によって、観覧時間が異なる場合がありますので詳細は国立新美術館HPの企画展のページをご覧ください。
公募展 10:00〜18:00
※入場は閉館の30分前まで
※美術団体によって、観覧時間が異なる場合がありますので詳細は国立新美術館HPの公募展のページをご覧ください。
定休日 毎週火曜日(祝日又は振替休日に当たる場合は開館し、翌平日休館)
年末年始(2018年12月25日(火)ー2019年1月8日(火))
観覧料 企画展は展覧会ごとに定めます。公募展は美術団体によって異なります。
HP http://www.nact.jp

 

最後に

いかがでしたでしょうか。今回は六本木の代表的な人気観光スポットである六本木ヒルズ、東京ミッドタウン、国立新美術館をご紹介しました。

 

六本木は第二次世界大戦後に現在の東京ミッドタウンの場所に日本の占領のため駐留軍が駐留し、その頃から外国人向けの飲食店などが少しずつ出来るようになり、その後の日本の時代ごと経済や文化の発展に伴い、繁華街やオフィス街、また様々な国の大使館を擁するなど色々な顔を持つ街となりました。そんな六本木のいろいろな側面を体験しに、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

六本木のグルメ休憩スポット紹介→【六本木】夜カフェも充実!美味しいスイーツ・グルメや深夜まで楽しめるカフェ7選!

 

東京観光スポット検索へ戻る

この投稿は役に立ちましたか?YESNO0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

 

 

 

YouTube TV

Twitter