お肌が喜ぶ美肌料理徹底解説!お肌に良いとされる食材や料理とは

スムージー

食事から肌質改善

 

お肌のトラブルはいくつになっても悩みの種ですよね。10代の頃の思春期ニキビから大人になると乾燥肌や、シミ、シワなどなど。

 

毎日、インスタントラーメンや、不摂生を行っていれば、健康的なお肌を保てるはずがありません。

 

これらの症状も健康的な食生活を送る事で改善する事が出来ます。

 

食事をする事により、人間の体を作る上で重要な栄養素を摂取するわけなので、その中でも今回はお肌に良いとされる食生活をご紹介いたします。

 

 

効果的に栄養素を摂取する為に

フルーツ盛り

人の体でもっとも老廃物を排出しやすい状態になっている時間帯をご存知でしょうか?

 

朝です。便や目やに、寝ている間に細胞などを修復した際の老廃物などがでるとされており、その朝にによくお勧めされるのが『フルーツ』ですよね。

 

これは、食物繊維が豊富かつ、排泄の邪魔をしないとされるフルーツ類は、腸内環境をキレイにする役割も担い、栄養素が吸収されやすい状態に整えてくれます。

 

そこへ、さらに美肌効果のあるとされる食材の栄養素を摂取する事で効率よく吸収する事が出来ます。

 

お肌に良い栄養素

 

お肌のためには全ての栄養素をまんべんなく摂取することが大切です。特に三大栄養素と言われている「タンパク質」「脂質」「糖質」はもちろんのこと、ビタミンやミネラルなど、およそ不必要な栄養素というものはこの世に存在しません。

 

とは言うものの、お肌の状態に応じて特定の栄養素を多く摂ることで、肌の症状に改善が見込めることもあります。

 

乾燥肌を改善するには肌を作るたんぱく質、潤いを保つ脂質、肌の免疫力を高めるビタミンA、抗酸化作用のビタミンEを多く摂るようにしましょう。

 

ニキビの場合はビタミン全般です。

 

ビタミンが不足すると皮質分泌が過剰になって代謝が乱れてしまいますので、不足しないように気を付けましょう。

 

シミを改善するにはシミの元になるメラニンの働きを阻害するビタミンCと、肌の抵抗力を助けるリコピンが効果的です。

 

シワを防ぐ栄養素はビタミンCとビタミンEの他に、繊維芽細胞を活性化させ、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが効力を発揮します。

 

お肌に良い食材!

緑黄色野菜

日頃からお肌に良い栄養素が多く含まれている食品を積極的に摂取すれば、健康な肌を保つことができます。

 

意識して摂り入れた方が良い食材はタンパク質が豊富な豆腐や納豆などの豆類、老化の原因となる活性酵素を除外する働きを持つセサミンを豊富に含むゴマ、カルシウムやナトリウム、亜鉛、マグネシウムなどのミネラルが豊富で代謝を良くする海藻類、ビタミンの宝庫の野菜類ではニンジンやカボチャ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜を多く摂るようにしましょう。

 

骨まで食べられるしらすなどの小魚にはカルシウムが豊富です。

 

カルシウムには代謝を促進する効果がありますが、吸収率が悪いので、特に積極的に摂るようにしましょう。腸の働きを助ける食物繊維が豊富に含まれているきのこ類も欠かすことはできません。

 

同じく食物繊維とビタミンが豊富なじゃがいもやさつまいもなどのいも類も毎日摂るようにすることが大切です。

 

これらの頭文字を並べて、豆類の「ま」、ゴマの「ご」、海藻はわかめとして「わ」、野菜の「や」、魚の「さ」、きのこはしいたけの「し」、いもの「い」で「まごわやさしい(孫は優しい)と覚えておきましょう。

 

美肌効果抜群のおすすめの料理!

 

「まごわやさしい」食材を使い、1回の食事で栄養をバランスよく摂ることが大切です。美肌効果に優れた料理なら炊き込みご飯が最適です。

 

「まごわやさしい」になぞらえると、大豆や小豆の「ま」、「わ」はひじきや昆布など、「や」はニンジンやレンコンが最適です。

 

「さ」はしらすや小女子、「し」はしいたけやしめじなど、きのこ類は何を入れても味が出ておいしくなります。

 

「い」はさつまいもを入れるとほんのりと甘味が出ます。これらの食材を細かく刻んで、醤油やみりんで味を整えて炊き、茶碗に盛り付けたら最後に「ご」のゴマを振りかければ完成です。

 

「まごわやさしい」が全て入っているのでお肌への栄養が満点で、お腹にも溜まる上に、いろいろな食材の旨みがお米に染みこんで大変おいしく仕上がります。

 

風味付けにミツバなどを添えても良いでしょう。これにリンやカリウム、ナトリウムなどが豊富に含まれているしじみの味噌汁を付ければお肌へのアプローチは完璧です。

 

手間がかかるので毎日作るのは大変ですが、お肌はもちろん、体のバランスを整えるにも最適な一品です。

 

家庭で簡単にできるおすすめ美肌料理!

トマト料理

もう少し簡単にできる毎日の食卓におすすめの美肌料理として、トマトミルクカレーのレシピをご紹介します。

 

用意する材料2人前

 

豚肉100グラム、トマト1個、ブロッコリー100g、玉ねぎ半分、しめじ1パック、にんにく2かけ、牛乳2カップとお好きなカレールーです。

 

豚肉は一口大に切り、塩とこしょうを振っておきます。トマトはくし型に切り、ブロッコリーはざく切りにしてさっと茹でておきます。

 

鍋にサラダ油を入れて熱し、みじん切りにしたにんにくと、くし型に切った玉ねぎを加えて炒め、ある程度火が通ったら豚肉とバラバラにしたしめじを加えて更に炒めます。

 

ある程度炒めたら水を少なめに入れてカレールーを加えます。全体的に火が通ったら牛乳を加え、ひと煮立ちしたらトマトとブロッコリーを加えて完成です。

 

牛乳と豚肉のビタミンBとタンパク質、ブロッコリーとトマトのビタミンCとビタミンA、リコピン、これらにお米の糖質も含めると、ほぼ栄養満点のメニューです。簡単に作れますので、是非一度挑戦してみましょう。

 

お肌に悪い食べ物

 

お肌に良い食材や料理などを紹介してきましたが、毎日の食生活で知らず知らずのうちに美肌に悪い食べ物を摂っている可能性があります。

 

コーヒーは一息つくときによく飲みますが、コーヒーに含まれているカフェインには体内のビタミンやミネラルを体外に排出してしまう働きがあることはあまり知られていません。

 

小腹が空いたときに便利なファーストフード類やスナック菓子など脂質が非常に多いため、コラーゲンの生成を阻み肌を酸化させてしまいます。

 

また、急いでいるときに便利なインスタント食品やカップ麺にも不飽和脂肪酸が多く含まれておりお肌には良くありません。

 

しかし、例えばカフェインには満腹中枢を刺激して、食べ過ぎを抑える働きもあることが知られていますが、食べ過ぎも肌には良い影響を与えないのは周知の事実です。

 

ビタミンも摂取し過ぎると神経障害や腎臓結石などの原因になることもあります。

 

したがって、なるべくインスタントものは避けて、いろいろな食品をバランスよく、適量を摂るようにするように心がけましょう。

 

最後に

 

お肌の調子が気になるときは、食生活にも気をつけてみると良いかもしれません。

 

お肌に良い栄養素を覚えておくと外出先のちょっとした食事の際にも気をつけて摂取できる様になるのでおすすめです。

この投稿は役に立ちましたか?YESNO0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

 

 

 

YouTube TV

Twitter