ブレンドコーヒーとストレートコーヒーの違いとコーヒーの効能。

ブレンドコーヒー

コーヒーを注文するとき、ブレンドとストレートどちらにしようか迷うことがありますよね。正直なところ、ブレンドとストレートがどう違うのかハッキリとわからない方も案外いるのではないでしょうか。

 

ブレンドとはその名の通りいくつかの産地のコーヒー豆をブレンドしたものです。ストレートは1つの産地のコーヒー豆で、モカやキリマンジャロの銘柄がよく知られています。コーヒーといえば、モカやキリマンジャロをイメージする方も多いと思います。

コーヒー豆の種類・産地!スペシャルティーコーヒの規格を学ぶ こちらの記事もオススメです。

ブレンドのメリットは、イメージする味を再現しやすいことです。いろいろな産地のコーヒー豆を合わせて好みの味を作ることができます。ストレートのメリットは個性が強く味の特徴がわかりやすいことです。

ブレンドとストレートは両方とも特徴が違うので、好みや、その日の気分でどちらを飲むか変えるのもいいですね。

オーダーするときなどは、普段自分の飲むコーヒーの好みを伝えて、スタッフさんに選んでもらうのもいいかもしれません。

ストレートコーヒー

カフェインは発ガン性があり体に良くないとも言われていて、コーヒーは体に悪い飲み物のレッテルが貼られていましたが、最近では全く逆で体に良いことがわかってきています。コーヒーを1日に2、3杯習慣的に飲む人は、コーヒーを飲まない人と比べてがんになる割合が低い調査結果があります。20年間12万人を対象に調査した結果、コーヒーを習慣的に飲む女性は、コーヒーを飲まない女性と比較すると、心臓病による死亡率が約25%低く、その他の試飲も約18%低いことがわかりました。

さらに、カフェインとガンとの因果関係を示す調査結果は出ていません。それどころかカフェインにはメリットが多く、気管支炎喘息などを改善する、中枢神経に作用して体の機能を高める、胃腸を刺激して消化を助ける、二日酔いに効果がある、などのメリットがあります。

知れば納得!コーヒーの凄さ!コーヒーに含まれる嬉しい効能について!こちらの記事もオススメです

コーヒーというとカフェインですが、実は紅茶の方が含有量が多いのです。カフェインの過剰摂取が気になったら、紅茶からコーヒーに変えたほうが良いといえます。

コーヒーは体に良い飲み物と言っても過言ではありません。

 
一覧へ戻る

YouTube TV

Twitter